■国内部門

国内受賞作品
◎最優秀オーツキ賞 正賞20万円とオンキヨーステレオ・ラクラクキット付き
  「点字が私を変えた」 新潟県 高橋勝利(たかはし かつとし)さん(55)
◎優秀賞  正賞10万円とオンキヨーステレオ・ラクラクキット付き
  「私の挑戦」 秋田県 小林恵津子(こばやし えつこ)さん(44)
◎佳作(3編)  正賞5万円とCD券2万円分
  「点字が私を変えた」 愛知県 大川徹(おおかわ おさむ)さん(67)
  「僕に病気をくれた母へ」 静岡県 片岡兵馬(かたおか ひょうま)さん(19)
  「私の挑戦」  新潟県 上林洋子(かんばやし ようこ)さん(58)
   
入選作品は、作品タイトルのリンクからご覧いただけます。
音声読み上げソフトをご利用される場合、本来の読み方とは異なることがありますので、ご了承ください。
副賞のオンキヨーステレオはFR-S9GX(D)です。

審査会の様子
審査会の様子

選評「感動拝受」 審査委員長 藤本義一(作家)



藤本義一氏
  審査委員になって二回目を迎えました。一回目に応募した人が少ないと聞いて、意外に思いました。だが、考えてみると応募される方は、短い文章の中に、現在までの全てを語り尽しておられるからでしょう。次回からはテーマをもっと広くした方がいいのではないかと提案しました。今日一日の出来事とか、今日一日に感じたことの方が迫力のある現実と真実が語られるような気がします。
  今回も、それぞれのテーマで力作が寄せられました。海外からの応募も爽やかな内容でした。一回目、二回目と門戸が開かれていくのがわかります。
  今回の高橋勝利氏の『点字が私を変えた』は、四十歳を過ぎてからの失明の混迷から十年の歳月を経て自己確立の道を歩む道程が書かれています。読書の楽しみを失い、歩行困難を助ける白杖に抵抗を持ちながら視力障害センターに通う間に白杖が伝えてくれる情報を掴み取る行動の段階と点字と苦闘しながら、未知の世界を克服していく努力が、これからの中途失明の人たちに、どれだけの励みを与えるかを深く考えさせられる内容で、文章の中に奥さんの姿が点景のように登場しますが、そこに夫婦の愛情が刻みこまれているのがわかりました。
  小林恵津子さんの『私の挑戦』はテンポよくカフェランチのコンテストに息子さんと挑む家族の姿が活写されていて、心地よい緊張感と興奮度が伝わってきました。一人の人間の幸福度は、常に達成感≠ノ支えられていると読む者に伝える力倆が短い文章の中に宿っているのがよく分かります。
  大川徹氏の『点字が私を変えた』のクラシックとの出会い、上林洋子さんの盲導犬と登山、片岡兵馬君の母と自分との絆、いずれも人生の深い滋味を伝えてくれる作品で、この先をさらに切り拓いて行く夫々の方の真摯な情熱を読む者に届けてくれる内容でした。
  私の友人が七十歳の時に突如視覚を失いました。六カ月は悶々としていましたが、二年目には安らかな表情になり、
  「今まで見えなかったものが見えるようになった」
  といったものです。
  この強靭な精神の軸には、決して諦めないという考えが宿っていると思いました。



結果は点字毎日(点字版10月3日号、活字版10月9日号)および同時期の毎日新聞でも発表いたします。
点字毎日点字版で入選作品が順次掲載されます。
本コンクール入選作は、作品集としてまとめたものを、盲学校をはじめ視覚障害者団体に寄贈いたします。



* オンキヨーはラクラクキットを通じてバリアフリーを推進しています。ラクラクキットは無料でご提供しています。→ONKYOバリアフリーサイト「らくらく館」こちら
* テクノエイト株式会社は点字プリンターを通じてバリアフリーを推進しています。テクノエイト点字プリンターはこちら
* 第一回点字作文コンクールの入賞作はこちら

このページは音声読み上げソフトに対応するため配慮していますが、
本来の読み方とは異なることがありますので、ご了承ください。


戻る