海外の部 WBU-AP地域 ジュニア・グループ 佳作
音楽が私の人生にもたらすチャンス、喜び、そして成長
マレーシア    フェリシア・プイ・ジア・イン(21歳・女性)
 音楽はパフォーミングアートの一種で、演劇、テレビ、映画、礼拝、旅行、祝い事など、私たちの生活の多くの側面に存在しています。政府や軍のサービスにおいて音楽が用いられることもあります。音楽は、政治的、経済的、社会背景的な境界を超えて、多くの人々の生活を明るいものにするという有意義な役割を果たします。音楽には革新を生み出し、気持ちを奮い立たせ、独立心や責任感、思いやりを養う力があり、人それぞれに無限の可能性と有益な解決策に満ちた世界を開いてくれます。音楽を聴くことによっても、歌うことによっても、また楽器を演奏することによっても、音楽の美しさを味わうことができます。音楽の勉強は、私の人生に、貴重なチャンス、忘れることのできない喜び、意味のある成長をもたらしてくれるので、私にとっては、楽しくて、かつ有益なものです。
 音楽が私の人生に与えてくれる時機に適ったチャンスとは、クリエーティブ経済に貢献することができるかもしれないことです。音楽教育への投資によって、私は21世紀の労働力に加わるための準備をすることができます。この新しい経済は、芸術家としてのキャリアを持つ人々のために多くの仕事の機会を創出しましたが、これらの仕事は、将来どんどん増え、また、そういった仕事に就きたいと思う人の数も増えるでしょう。クリエーティブ産業の急速な成長は、間違いなく国民所得の向上につながるでしょう。というのも、クリエーティブな製品は、旅行者の注目の的となることが多いからです。例えば、さまざまな文化がもつユニークな特徴を保存し、展示することにおいて、音楽は重要な役割を果たします。他の国から来た旅行者を惹きつけることができることに加えて、音楽は、国と国との絆を強め、互いの理解を深める助けにもなります。音楽は、あらゆる階層の人々にエンターテインメントを提供するので、収益性の高い産業となることができます。
 社会的側面について言えば、音楽は私に、貧しい人々の生活を向上させる手助けを行う機会を与えてくれます。例を挙げると、現在、私は音楽の勉強をしているのですが、それによって、将来、音楽に興味を持つ視覚障害者に音楽を教える資格を得ることができます。音楽に関する自分の知識や感覚、知見を他の人々に伝えることは、私に大きな喜びと満足感を与えてくれるので、私は本当に、音楽を教えたいという強い情熱を持っています。音楽教師として働く以外に、障害者、孤児、貧困者、老人ホームで暮らしている高齢者などの恵まれない人々のためにチャリティーコンサートを開くこともできるでしょう。自分の音楽の才能や技能を伸ばすチャンスが得られるので、それは社会の役に立つだけでなく、実のところ、私のためでもあります。
 ごく小さいときから現在に至るまで、私は、音楽が私の人生にもたらす尽きることのない喜びを味わってきました。音楽を聴くと熱意を覚え、魅了され、楽しさを感じることができるので、音楽鑑賞は私の趣味の一つです。音楽には、落ち込んでいるときに気分を高める力さえあります。一日中、神経を使わなければならないことをしてくたくたになった時も、音楽を聴けば肩の力を抜いてリラックスできます。例えば、長時間勉強した後で癒し効果のある音楽を聴くと、元気が出て、記憶がリフレッシュされます。自分が好きな音楽を聴くと、ストレス解消になり、不安な気持ちが和らぐこともあります。気持ちが楽になって、自分の感情に悪影響を与えている心配事を忘れることができます。
 さらに、初めて楽器の演奏を習い始めたときも、音楽は私に喜びを与えてくれました。その楽器はピアノだったのですが、ピアノを習うのは実に面白くて、特に、自分が気に入った曲をマスターしたときには、もっと続けて習いたいと思いました。妹の伴奏で音楽を演奏すると、信じられないほどの喜びと幸せを感じます。妹と一緒に音楽を学び、演奏するのは、お互いの音楽への考えを共有することができるので、光栄なことです。怠け心や眠気に負けそうになった時も、ピアノを演奏していれば、目を覚ましていられて、生き生きとした気持ちになれるのは本当に驚きです。もちろん、日常の活動をしながら音楽を聴く方が、リラックスできて、楽しいです。これらのことから、音楽は、私の人生における喜びの源であるといえるでしょう。
 音楽のおかげで、私は人生の多くの側面において、継続的な成長を遂げることができました。まず、音楽は創造的な考え方を養ってくれました。音楽を学び、音楽にかかわるようになって数年経ちましたが、私は自分の音楽を作曲することで、創造性を発揮することができるようになりました。創造的な考え方をするようになって、私の生活には大きな変化が生じました。新しいアイデアを生み出せるようになりましたし、問題解決においても、型にはまらない考え方ができるようになりました。また、音楽は、周囲の人々と共同で作業をする能力を高めてもくれます。友人たちと一緒に1つの曲に取り組むことを通じて、私はチームワークによって、与えられた課題を成し遂げることができるようになりました。
 さらに、音楽の演奏には、時間管理がうまくできるようになるという有益な効果もあります。音楽の勉強では、しょっちゅう練習のための時間を作らなければならないので、時間管理を学ぶ貴重な機会でもあります。それに加えて、音楽には記憶力を高める効果もあります。私には視覚障害があるので、楽譜なしで演奏するしかありません。新しい曲を学ぶ際には、毎日決まって、暗譜と練習をするようになりました。記憶力は勉強にも役立ちます。要するに、音楽のおかげで、私が将来よりよい人間になり、成功するために必要な能力のほとんどを伸ばすことができました。
 結論として、音楽とともに人生を送れば、人生が充実します。不都合なことは何もありません。音楽が私の人生に与えてくれるチャンス、喜び、成長は疑いなく素晴らしいもので、それによって、私はより大きな幸福や充実感を感じるようになりました。音楽の才能と音楽への深い興味を与えてくださった神様に感謝します。音楽教師か音楽家になりたいという願いも叶うかもしれません。辛抱強く忍耐し、心に希望をもち、音楽が私の前に用意してくれる明るい未来を待ち望みながら、私は音楽の勉強に全力を尽くすつもりです。