海外の部 ABU地域 ジュニア・グループ 優秀賞
あなたは世界に平和を作り出せる!
パキスタン    ヒフザ・グル(23歳・女性)
 平和とは単なる言葉以上のものである。平和という理論は、個人の心の中に根付き、やがて自分の人生の中で平和を実践しようという決意へと育っていく。心の中の平和がより大きな規模で実践される時にのみ、この世界において平和が現れる。人生において、心、体、霊魂が調和し、一体となった時、目的を持った、意図的な実践を通して、内なる平和が実践される。私たちの人生において、以下のステップを実践すれば、必ず、この世界に平和をもたらすことができるだろう。

1) 権力より平和を重んずる。愛に基づく権力は、脅威や懲罰を通して得た権力より、何千倍も効果的であり、恒久的だ。たとえあなたが脅迫的な行為、態度、行動によって他者をコントロールする術を学んだとしても、あなたの権力に服従する人々は、強制されて従っているのであり、あなたに対する尊敬や愛から従っているのではない。これは平和的な生き方ではない。

2) 他者とコミュニケーションをとるとき、命令、説教、要求、脅迫、あるいは過度の情報を引き出すため必要以上に質問攻めにする行為は慎むべきである。このようなコミュニケーションは、相手との対立を生み、相手はあなたが自分と同等の立場で話そうとせず、自分を支配しようとしていると感じるだろう。

3) 相手の見地や視点を考慮せず、自分の考えを絶対的なものとして譲らないことは、必ず、平和のない人生へとつながるだろう。

4) ユーモアのセンスを磨くこと。ユーモアは平和を愛する人の、心和む魅力である。狂信者にユーモアがある人はほとんどいない。なぜなら彼らは、自分自身や自分たちの大義を真面目に考えすぎているからだ。ユーモアによって緊張がほぐれ、過激な思想の抑圧的な傾向を際立たせることができる。

5) 他者に対する否定的な結論に飛びつくよりも、むしろ自分自身の視点を変え、他者の中に善を育てよう。他者に対する自分の見方を変えることは、他者の自己認識を変えるきっかけになるだろう。例えば、相手を愚か者、無能と見る代わりに、知的、効果的、賢明、と呼び始めてみよう。すると彼らは励まされて、彼らの中にあなたが見出した善にふさわしい生き方を目指すようになる。相手の虚勢、怒り、苦痛の下にある、興味深い、特別な、大切な存在を認めることで、大きな進歩を引き出せるだろう。

6) 平和的な人は、他者や動物(感覚のある生物)に対して暴力はふるわない。

7) メアリー・ロビンソン元国連人権高等弁務官はこう述べている。「紛争に関する私の経験によると、紛争に巻き込まれている人は、たった一日でも平和な日を、と切望している」

8) 暴力的な映画、暴力的な行為を報じるニュース、憎悪と下劣な歌詞の音楽を避けなさい。

9) 平和的な映像、音楽、人々に囲まれなさい。

10) 熟考が重要。すべての問題を、あらゆる角度から考える時間がなかったために、多くの性急な対応がなされ、悲劇的な結果につながっている。当然、安全確保のため迅速な行動が不可欠な時もあるが、それ以外の時には、十分な配慮をしていれば関係者にとってよりよい結果になることも多い。

11) だれかに身体的、または精神的に傷つけられたら、怒りや暴力で反撃してはならない。立ち止まって考えよ。あえて平和的に対応することを選べ。

12) 他者に向かって、立ち止まって考えるように言おう。怒りや暴力は問題を解決しないと伝えよう。単に「やめて下さい」と言おう。それでもやめてくれなければ、その場から離れなさい。

13) 自分を抑えよう。自分の怒り、不満、苛立ちを伝えたいと思った時は、自分自身に「ストップ!」と言おう。自分を混乱させ、熟考できなくさせている状況から、自分自身を引き離そう。自分に間を与えることで、当初の怒りの感情を克服し、思慮深い解決策(相手に反応しない、ということも含めて)に代える時間ができるだろう。

14) 私たちの文化的、宗教的、政治的な相違が、紛争の火種になってはならない。そのようなことになれば、私たちの世界に悲しみと破壊がもたらされるだけだ。自分の名声が軽んじられたと感じ、他者を傷つけずにはいられないと思うとき、あるいは彼らの行動が、同じような忌まわしい反応に値すると感じるとき、あなたは怒り、暴力、悲しみの連鎖を生み出す。このようなことを、許しに置き換え、平和的に生きる道を探りなさい。

15)  自分の人生を所有物で満たそうとしたり、自分の内なる価値を大切にせずに出世を通して自分を高めようとしても、永遠に不幸になるだけだ。何かを切望して、それが手に入らなかったら、あなたは葛藤するだろう。より高級な所有物、キャリア、家、生活を常に追い求めていると、今持っているものに感謝することをたやすく忘れてしまう。同様に、多くのモノを持ち過ぎると、葛藤が生まれ、穏やかに暮らすことができなくなる。なぜなら、掃除や手入れに始まり、保険やセキュリティに至るまで、常に自分の所有物が生み出すニーズに支配されてしまうからだ。

16)  美しく、素晴らしく、見事な、喜ばしいと思えるものに対して、暴力をふるおうという気にはならない。それどころか、戦争が生み出す最大の絶望は、純真さ、美しさ、喜びが破壊されることによってもたらされる。喜びは人生に平和をもたらす。なぜなら常に他者や世界の中に善を見出そうとし、人生の素晴らしい側面に感謝しようとするからだ。

17)  世界で起こってほしい平和的な変化を自分が起こすための前向きの方法はたくさんある。

18)  すべての人をありのままに愛せる人になりなさい。

19)  すべての人への愛と平和のために働き、世界に調和をもたらしなさい。それは気が遠くなるほど大変なことに思えるかもしれないが、ガンジーが示してくれたことを思い出してほしい。華奢で柔和、小柄な体つきの男性が、とてつもなく素晴らしい偉業をなしとげた。すべては非暴力を通して平和を実践するという固い信念に基づいていた。あなた個人の貢献は大きな意味を持っている。