ONKYO  サイトマップ







この製品は現在出荷を完了しています。表記内容全般は発売時点のものです。
品名 7.1ch 対応AVセンター
品番 TX-SA806X(N)
希望小売価格 \262,500 (税別\250,000)
発売日 2008/8/29

「ケース内コンポーネント思想」に基づき、プリ/パワーアンプ部を一筐体内で完全ブロック化。また60Aを誇るEIトランスの採用やパワーアンプのシンメトリーレイアウト、3段インバーテッドダーリントン回路によりHICCの飛躍的な向上を図るとともに、冷却ファンのフロー ティング設置など振動対策も徹底。映像部はフル10bit処理によりすべての映像信号を1080pでHDMI出力可能なSilicon Optix社製「HQV Reon-VX」回路や、ISF(Imaging Science Foundation)が認定する映像補正回路など先進の仕様。国内外でさまざまな賞を獲得したTX-SA805の後継機としてふさわしい充実の仕様です。

│「THX Ultra2 Plus」準拠│HDMI ver.1.3a端子& RI HD│ブルーレイディスクの「ドルビーTrueHD」「DTSHDマスターオーディオ」やAACなど従来のサラウンド規格にもフル対応│「VLSC」│高精度バーブラウン製24bit/192kHz D/Aコンバーター│TI社製32bit DSPを3基搭載│オプティマムゲイン・ボリューム│Theater-Dimensionalモード│オートスピーカーセットアップ最上位規格「Audyssey MultEQ XT」│Audyssey Dynamic EQ│ミュージックオプティマイザー│AVシンク機能│トーンコントロール(7ch)│PURE AUDIOモード│バイアンプ接続対応│フォノイコライザー搭載(MM型カートリッジ対応)

ハイビジョンTVとシステム連動する。ピュアアンプ技術を結集したAVセンター
動特性の向上ノウハウやグランド電位の安定化技術など、ハイエンドモデルで培われた技術手法を投入してピュアオーディオとしてもご使用いただけるAVセンター群を開発しています。さらにはTX-SA806Xは最先端のHDMI ver.1.3a規格に対応。「RI HD」機能を搭載することで最新のハイビジョンTVともシステム連動できる、使い勝手も高品位なAVセンターを実現しています。

ハイビジョンTVとシステム連動。「RI HD」 
TX-SA806Xは最先端のHDMIver.1.3a端子を装備。HDMIケーブルでのシンプルな接続やフルHD映像およびブルーレイディスクの「36bitディープカラー」次世代映像記録方式まで伝送可能です。また、この規格をベースに最新のハイビジョンTVとのシステム連動を実現する画期的な「RI HD」機能を開発しました。たとえばTVのGUI画面でホームシアターの音声出力切換えを選択すれば、TV音声の消音、ホームシアター機器の電源ONなどのシステム連動やボリューム調整などの主要操作がTVのリモコンひとつで操作することができます。
(写真はTX-SA606X)


連動動作する他社対応機種 
連動動作する他社対応機種パナソニック製ビエラリンク対応テレビ「ビエラ」およびDVDレコーダー「ディーガ」、東芝製レグザリンク対応テレビ「レグザ」、シャープ製AQUOSファミリンク対応の液晶テレビ「アクオス」(2008年4月以降の機種)との接続による連動動作(レコーダーは同メーカーのTVとの組み合わせで連動します)
>> RI HD システムリンク 対応機種一覧
ブルーレイディスクの最新HD音声規格にフル対応
「ドルビーTrueHD」は転送レートが18Mbps、最大192kHzのサンプリング周波数による音声規格で、圧縮前のデータに完全復元できる「ロスレス」方式を採用。従来の圧縮・復元方式とは一線を画したリアルな再生を可能にしました。「ドルビーTrueHD」のマークが入った機種は「ドルビーデジタルプラス」および従来のドルビー音声規格にも対応しています。また「DTS-HDマスターオーディオ」は転送レートが最大24.5Mbps、最大192kHzのサンプリング周波数によるロスレス方式を採用した音声規格です。「DTS-HDマスターオーディオ」のマークが入った機種は「DTS-HDハイレゾリューションオーディオ」および従来のDTS音声規格にも対応しています。TX-SA806Xは将来を見据え、これらの新規格に対応しています。


従来の音声規格について
計5.1chで構成されたドルビーデジタル(DVD-Video採用)、2ch音声を5.1chに拡張再生するドルビープロロジックII、サラウンドL/Rチャンネルからサラウンドバックチャンネルを生成して追加するドルビーデジタルEX、2ch音声を6.1ch/7.1chに拡張再生するドルビープロロジックIIxに対応します。
ドルビーデジタルに比べ圧縮率が低く、音質面で有利とされる最大5.1ch再生のDTS(DVD-Videoオプション規格)、その上位規格DTS96/24、サラウンドバックチャンネルを含む最大6.1ch再生DTS-ES、DTS-ESマトリクスを応用して2ch音声を6.1chに拡張再生するDTS Neo:6に対応します。
地上デジタル放送やBS/CSデジタル放送の音声規格に採用され、最大5.1chまで再生可能な「AAC」に対応するマークです。最近ではスポーツ番組や音楽 番組などが5.1ch放送を開始しています。

HDビデオアップスケーリング
アナログ映像入力をHDMI端子へ変換して出力できるビデオアップコンバーターを搭載。さらに、TX-SA806Xでは、1080pにアップスケーリングしてHDMI出力ができます。また、これらの処理に、放送局やハリウッドの映画スタジオに多くの納入実績をもつSilicon Optix社製の「HQV Reon-VX」を搭載。クラス最高レベルの画像処理を行います。
ケース内コンポーネント思想
TX-SA806Xはアルミ素材フロントパネルや高剛性のシャーシ構造を採用。再生振動によって共振が起こらないよう防振テープを手作業で実装するなど細部にわたって音質を汚すノイズ低減を図っています。特に各ブロック同士が音質的な干渉を与えないような「ケース内コンポーネント」思想を徹底しています。また、2台のセパレートアンプを一筐体内に共存させるかのような新発想のレイアウト設計を実現しています。


電流供給能力の重要視
実際の再生音は急激に変化し常に大きな電流を瞬間的に流す高い能力(瞬時電流供給能力:HICC)が求められます。この能力が弱いと楽器のアタック音や映画の効果音が原音どおりに再生されなくなり感動が得られません。写真左はTX-SA806X/NA906Xに搭載されているパワーアンプ部。中央の電源部を中心にアンプ基板をシンメトリーにレイアウトして各チャンネルへの電力供給ラインを理想的な形で最短化しています。また、TX-SA806Xには、ハイエンドパワーアンプに採用されるインバーテッドダーリントン回路を搭載しています。この回路は増幅段を独自の縦列接続方式によってアンプの低インピーダンス化を図りHICCをハイレベルに向上します。

アナログ変換技術の重要視。「VLSC」
D/Aコンバーターはデジタル音源を最終的にアナログ信号に変換してスピーカーへ送り込む役割を受け持ち、この回路の変換精度によって音のピュアネスが大きく変わってきます。従来はデジタル機器内で発生するパルス性ノイズはローパスフィルターによって減衰させる方式が一般的ですが、高次のフィルターを用いてもなお残留するノイズにより音質が劣化することは避けられませんでした。VLSC(Vector Linear Shaping Circuitry)は、この問題を根本から解決する、これまでにない画期的な特許フィルター回路です。波形の変動傾向の情報を基に新たなピュアなアナログ信号を生成させることで、D/Aコンバーターの出力に含まれるパルス性ノイズが飛躍的に低減された音声信号を得ることができます。デジタル音源の冷たいイメージを払拭し、ニュアンス表現もより正確に感じ取ることができます。

オートスピーカーセットアップ「Audyssey」
付属の測定用マイクを使って自動的にスピーカーの数、低音の調整、サブウーファーの最適なクロスオーバー周波数および視聴位置からの距離を測定して設定できる機能です。また、部屋の中の様々な環境により生じる音の歪を補正しますので、クリアでバランスのよい音になります。
付属品 / マクロ対応リモコン(RC-692M)


7.1ch 対応AVセンター TX-SA806X(N) 定格
品名 TX-SA806X(N)
価格 \262,500 (税別\250,000)
JAN コード T4961330024776
   
定格出力 各チャンネル180W(6Ω、20Hz〜20kHz、THD0.05%以下、1ch駆動時)
実用最大出力 各チャンネル250W (6Ω、1ch駆動時、JEITA)
全高調波歪率 0.05%(定格出力時)
周波数特性 5Hz〜100kHz(DIRECT MODE)
SN比 110dB(LINE、IHF-A)/80dB(PHONO、IHF-A)
トーンコントロール最大変化量 ±10dB/20Hz(BASS)、±10dB/20kHz(TREBLE)
スピーカー適応インピーダンス 4〜16Ω
適応カートリッジ MM
コンポーネント映像周波数特性 5Hz〜100MHz
消費電力 660W(電気用品安全法技術基準)
待機時電力 0.1W
最大外形寸法 幅435×高さ194×奥行き458.5mm
質量 23.0kg

■INTERFACE
 
HDMI 端子 入力×4、出力×2(ver.1.3a)
映像入力端子 D4×3、コンポーネント×3、S×6、コンポジット×6
映像出力端子 D4×1、コンポーネント×1、S×2、コンポジット×2
音声入力端子 デジタル×6(光×3、同軸×3)、アナログ×10、7.1ch×1
音声出力端子 デジタル×1(光)、アナログ×2、7.1ch×1
スピーカー出力端子 7(バナナプラグ対応)
ヘッドホン端子 1
RS232端子 1
RI端子 1
フロント インシーリングパネル内部
リアパネル
※この製品のメーカー保証期間および性能部品最低保有期間につきましてはこちらをご参照ください。
戻る
 このサイトについて 個人情報保護方針 お問い合わせ
ユーザー登録copyright 2009 ONKYO CORPORATION Japan All rights reserved