GX-500HD TECHNOLOGY -製品特長-
エネルギー感あふれるサウンド、「VL Digital」アンプ
パワードスピーカーでは、内蔵するアンプ部のクオリティが鍵を握ります。GX-500HDは、エネルギー効率の優れたデジタルアンプを採用し、ONKYOオーディオのフラッグシップアンプで開発された「VL Digital」技術を搭載しました。より正確なパルス幅変調による信号増幅が可能となりました。さらにこの実力を発揮できるよう、電源部には6800μFの容量を持つ特別仕様のオーディオ用コンデンサーを搭載。従来のデジタルアンプで悩まされていたデジタルノイズの変換エラーを解消し、ハイエンドモデルにふさわしいエネルギー感にあふれたピュアサウンドを実現、音楽などの躍動感をありのままに再現します。
振動板素材から設計する本格スピーカーユニット
振動板素材から一貫して自社開発できるメーカーとしての強みを活かし、ハイエンドスピーカーにも通じるスピーカーユニットを搭載。ウーファーユニットには、強靭かつしなやかな素材でセンターキャップ部まで一体成型するA-OMFモノコック振動板や大型磁気回路を採用。質感の豊かさと緻密さを併せ持つ中低域サウンドの再生を実現しました。またツィーターユニットには、外径30mm/内径18mmのリング型振動板を採用。また振動板中央部を駆動ポイントとする画期的な「バランスドライブ構造」を採用することで音質を阻害する振動板のたわみを抑え、より信号に忠実
な高域サウンドの再生実現しています。
高級オーディオスピーカーのキャビネット設計
従来のパワードスピーカーでは、一般的に4面板(天/側/底板)の板厚が均等でしたが、GX-500HDではピュア設計にするため側板を別構造にし、厚みを増して強固なキャビネット構造を実現、音に悪影響を与える不要な振動を抑えています。また側板のラウンド形状は、側板の厚みを感じさせないシャープなフォルムを実現するだけでなく、バッフル端面で起きる回折効果を抑えて音質劣化を防いでいます。
ピュアなアナログ変換を実現、特許技術「VLSC」
アナログ変換回路にはオンキヨーが誇るピュア変換技術「VLSC」回路を搭載しています。VLSC(Vector Linear Shaping Circuitry)は「比較器」と「ベクトル発生器」、「積分器」で構成され、まったく新しいアナログ信号を生成。通常のローパスフィルターを使用したものと比較して、音の実在感や音場再現が飛躍的に改善されています。

SITEMAP