SE-300PCIE SPECIFICATION -製品仕様-

■定格
 
SN比*1120dB(2ch ANALOG OUT)(22kHz LPF、A-Weighted)
周波数特性0.3Hz〜88kHz(2ch ANALOG OUT、+0/-3dB)
0.3Hz〜20kHz (マルチ出力、+0/-0.5dB)
ライン出力レベル2Vrms
マイク入力感度20mVrms
デジタル入力
サンプリング周波数
44.1kHz、48kHz、96kHz
デジタル出力
サンプリング周波数
32kHz、44.1kHz、48kHz、96kHz
ヘッドホン対応インピーダンス32Ω〜600Ω
入力端子 アナログ入力端子×1(φ3.5mm/ステレオ)、
マイク端子×1(φ3.5mm/ステレオ)、
デジタル光入力端子×1
出力端子 2chアナログ出力端子×1(ステレオRCA、内部接続)、
デジタル光出力端子×1、
デジタル同軸出力端子×1、
ヘッドホン端子×1(φ3.5mm/ステレオ)、
フロントスピーカー(L/R)出力端子×1、
センタースピーカー/サブウーファー出力端子×1、
サラウンドスピーカー(L/R)出力端子×1、
サラウンドバックスピーカー(L/R)出力端子×1
外形寸法(mm)25(幅)×126.5(高さ)×181(奥行き)mm
(拡張ボード:21.5(幅)×126.5(高さ)×43.5(奥行き)mm)
質量300g(拡張ボード:36g)
*1 2011年4月現在、オンキヨー調べ。当社測定条件による。

■動作環境(ハードウェア)
 
対応機種 オーディオボード用にPCI Express x1空きスロット1つ、
マルチ入出力拡張ボード用にオーディオボードと隣接した空きPCIまたはPCI Expressスロット1つ、
CD-ROMドライブまたは相当品(付属ソフトウェアのインストールに必要)を持つPC/AT互換機
※ 本製品の特性上、オーディオ用の高さのあるコンデンサを多数用いており、通常のPCI Express増設カードより幅が大きく設計されています。 そのため、ご使用の環境によっては隣のPCI ExpressやPCI拡張カード等、他の周辺機器と干渉する場合がありますので、この点にご注意の上、お買いもとめください。
※ お手持ちのパソコンに取り付けられる際は、隣り合うビデオカード等の基板に接触しないようにご注意ください。特に、空気の流れがさえぎられたり、電気的なショートをすると危険ですので、十分にご確認の上ご使用ください。
接続インターフェースPCI Express x1
対応OS*1Windows® 8(32ビット/64ビット)、
Windows® 7(32ビット/64ビット)、
Windows Vista®(32ビット) SP1以降*2 (いずれも日本語版)
CPUインテル® Core™ 2 Duo、または同等のAMDプロセッサ 2.2GHz以上
メモリー1GB以上
ハードディスク必要容量付属ソフトウェアのインストール時 600MB以上*3*4
*1 システム管理者権限(Administrator)でのみ使用可能です。
*2 Windows Vista®(64ビット)には対応していません。
*3 音声のデータサイズが大きいため、作業領域と保存用に数百MBの空き容量のあるハードディスクをお勧めします。
*4 お使いのハードディスクのフォーマット形式や確保容量などにより、必要容量は多少異なります。
最新ドライバーを弊社サポートページよりダウンロードしてご使用ください。
    PCサウンド関連製品 各種ドライバーダウンロード一覧
デュアルCPU環境、またはサーバー・ワークステーション仕様のシステムでの動作につきましては、動作対象外とさせていただきます。
必要な動作環境を満たすパソコンであっても、パソコンシリーズ固有の設計仕様やお客様の使用環境の違いにより、本製品の動作が正常に行われない機種があります。

■付属品
 
付属品 インストールCD-ROM、ステレオRCAピンコード×1(0.8m)、光デジタルケーブル×1(1.0m)、接続ケーブル、他

SITEMAP