NOTEBOOK PC TECHNOLOGY -ノートブックパソコンへのこだわり-
まいにち使うものだから、心地よく使いやすく
インターネットやメール、文書作成や動画鑑賞、まいにち使うパソコンだからこそ、使いやすさが求められます。 メールを入力する際のキーボードの使いやすさ、インターネットや動画鑑賞する際の液晶画面の見やすさ、文書作成時やデータ移動時などの際の周辺機器との接続のしやすさ、見た目だけではわからないまいにち使っていく上での快適さを左右する要因が多くあります。 オンキヨーは単に流行だけを追い求めるのではなく、長年培ってきたノウハウを活かし、本当の使いやすさを追求しています。
余裕をもった大型キーボード
ノートパソコンは搭載する液晶画面のサイズにより本体サイズが決まります。本体サイズに最も大きな影響を受けるのがキーボードです。主要なキーとキー配列が決まっており、本体サイズが小さくなればキーボードもより小さくなっていきます。 オンキヨーでは、キーボードのキーピッチ(キー中心とキー中心の間隔)を最大限確保することにより、モバイルノートでも快適なキー入力環境を提供します。また、ワンタッチボタンや、アイソレーションキーボードなどより使いやすさを求め新モデルへ搭載していきます。
操作しやすいひろいタッチパッド
画面上のカーソルを移動・クリックする機器は、ノートブックパソコンではタッチパッドで行います。キーボード同様、本体サイズに圧迫されがちで本体サイズが小さいものは大きなタッチパッドを配置することが難しくなります。 電源ボタンなどを本体側面へ移動することで、キーボード面のスペースを確保。大きなキーボードと共に、広く使いやすいタッチパッドを搭載しています。
より画面を見やすく
ノートブックパソコンの液晶画面は操作する上でなくてはならないもの。さらにノートブックパソコンは液晶と本体が一体化しているため購入後の交換が不可能です。パソコンがいくら高性能でも画面が見にくいと使い辛いものです。 オンキヨーでは美しい液晶パネルを採用するとともに、モデルによっては画面縁を黒く縁取ることで、画面との境界線をはっきりさせ締まりのある映像と、画面に集中しやすい環境を提供しています。
豊富なインターフェース
USBフラッシュメモリーや、プリンター、外部ディスプレイ、インターネット用有線LANなど、パソコンをまいにち使っていく中で様々なパソコン周辺機器をご利用されます。 代表的なUSB2.0ポートは複数のUSB対応機器を同時に使用されることを考慮し、必ず複数のポートを搭載しています。さらに本体複数側面にUSB2.0ポートを配置することで接続しやすくなっています。 また、外出先などで便利な外部ディスプレイ出力端子も搭載。携帯性または省スペース性と、高い拡張性を両立しています。