2014/11/11
 
シーメンスとの共同開発製品の進捗のお知らせ
〜スポーツユース向けのイヤホンの開発について〜
 当社は、平成26年6月11日付で発表しておりますとおり、シーメンス ヒヤリング インスツルメンツ株式会社(通称:シーメンス補聴器 本社:神奈川県相模原市、代表取締役社長:ベルント・ウェーバー、以下「シーメンス」)と新規ビジネス分野での事業拡大を目指して行くことを両社で合意し、日本市場における新規音響製品の共同開発を開始しました。そしてこの度、当社の高いオーディオ技術と、シーメンスの人間工学に基づく製品開発力など両社の専門技術を融合して、両社の初めての協業製品となりますスポーツユース向けのイヤホンの開発に成功しました。
 近年、リスニングスタイルの変化にともない、スポーツユース向けのイヤホンが多数発売され、その多くが外耳道の奥を完全に密閉することで音質作りをする「カナル型」を採用しています。また、装着性を向上するためウィングチップを付属するタイプのイヤホンはその構造上大型化し、結果として運動する人の装着感をそこなう大きな要因になっていました。
 そこで、スピーカーやイヤホンの開発で培ってきた、製品の限られた内部空間を最大限効率よく活かしクリアで迫力のある理想的なサウンド再生を実現するオンキヨーのオーディオ技術と、シーメンスが保有する膨大な耳型データを元に導き出された日本発の全く新しい形の耳あな型補聴器「SIEMENS COOL(クール)」のユニバーサルデザインを融合し今までにない全く新しい「次世代型イヤホン」の開発に成功しました。
 オンキヨー初となるスポーツユース向け次世代型イヤホン『IE-S100』シリーズは、長時間のランニング時や激しい運動時の使用においても、快適で軽量な装着感と高い音質を高度な次元で融合しています。なお、『IE-S100』シリーズは2015年春の発売を予定しております。
 当社とシーメンスは今後も緊密な関係を構築することで、両社の協業体制をさらに強化し、今後需要拡大が見込まれる全てのユーザーに最適化した「オーダーメイド」の概念を取り入れた音響製品や高齢化社会に対応する、デジタルヘルス関連市場も見据えた新規ビジネス分野の開拓と製品開発を両社で推進してまいります。
『IE-S100』シリーズ 主な特長・仕様
■ 人間工学から導き出された次世代のフォルムとフィット感

■ 汗に強く、スポーツに適したウォータープルーフ仕様

■ 2種類のカラーバリエーション、およびiPhoneなどApple製品の
  コントロール機能を搭載した通話も可能な上位モデルも用意

シーメンス AG について
 シーメンスAG(本社:ベルリンおよびミュンヘン)は、165年以上にわたり、卓越したエンジニアリング、イノベーション、品質と信頼性、そして国際性を象徴するグローバル企業でありつづけています。電化、自動化、デジタル化の分野を中心に、世界200カ国以上で事業を展開しています。
 シーメンスはエネルギー効率に優れた省資源技術を世界で最も多く提供している企業のひとつであり、洋上風力発電の建造においては世界一、コンバインドサイクル発電ではタービンの主要サプライヤー、送電ソリューションでは大手プロバイダー、そしてインフラストラクチャー・ソリューションならびに産業向け自動化ソリューションとソフトウェア・ソリューションのパイオニアです。
 さらにシーメンスは、コンピュータ断層撮影装置(CT)や磁気共鳴画像診断装置(MR)などの医用画像診断装置の大手サプライヤーでもあり、臨床検査および医療情報テクノロジーのリーダーでもあります。2014年9月末に終了した2013年度の継続事業からの売上高は719億ユーロ、営業利益は55億ユーロでした。2014年度の全世界の社員数は35万7,000人です。詳しい情報は、www.siemens.com にてご覧いただけます。

 ※iPhoneは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
■本件に関するお問合せ先
オンキヨー株式会社 総務人事部 広報/IR 担当 辻 TEL:06-6226-7343
オンキヨーマーケティングジャパン株式会社 営業企画課 松本 TEL:03-3548-2613