2009.12 インベンテック・コーポレーションと資本・業務提携
PC事業において更なる付加価値を向上
当社は、インベンテック・コーポレーションとの間で資本・業務提携を行うことを決議いたしました。台湾大手のインベンテック社は、大手ブランドの世界市場向けノートPCやサーバー、他のデジタル機器をOEM方式およびODM方式で製造する世界有数のメーカーであり、ノートPCの受託生産において世界第4位という生産量を誇り、同社は、日本および米国での受注拡大を図っています。インベンテック社の生産力および設計・開発力と当社のブランド力および企画力、販売力を持ち寄り、両社PC製品等の強化、拡販の実現を目指します。

2009.12 工人舎と市場拡大に向けた協業を開始
高付加価値製品の共同企画・販売を展開
当社は、PC メーカーの株式会社 工人舎と協業を開始いたします。「KOHJINSHA」ブランドのポータブルPC を展開する工人舎は、PC 開発の経験豊富な技術者が集い、際だった存在感を放つ個性派コンピュータの開発に挑戦し続けています。この度、当社のPC 企画力・販売力、工人舎の製造・開発におけるノウハウの効率的な運用による相乗効果の発揮と販売の拡大ができると判断し、協業を開始するに至りました。両社は供給面の協業や、高付加価値製品の共同販売を展開することにより、両社の展開する特徴あるノートPCの市場拡大を図ってまいります。

2009.11 インテルと資本提携ならびに開発契約を締結
AVC事業のイノベーションを加速
当社は、平成21年11月16日開催の取締役会において、第三者割当によりインテル コーポレーションのグローバルな投資部門であるインテル キャピタル コーポレーションを対象に、今回新たに発行される転換社債型新株予約権付社債および新株予約権の募集を行うことを決議いたしました。なお、当社は、本社債ならびに本新株予約権の発行と併せて、インテルと開発契約を締結し、AVC事業における新製品開発と新市場開拓にむけてイノベーションを図ります。

2009.10 最新OS Windows7を搭載した「ONKYO」PC
NEWデスクトップ&ノートPC
操作がより素早く、より簡単になった最新OS:Windows7を搭載したNEWデスクトップ&ノートPC製品を「ONKYO」ブランドで発売いたしました。自社製スピーカーを搭載した液晶一体型PC「E7シリーズ」や幅40mm の超小型デスクトップPC「P3シリーズ」。ノートPCにおいては、軽さ1kg を切る理想のモバイルスペックを実現したSSD搭載ネットブック「C2シリーズ」をはじめとする3シリーズをラインナップ。高級オーディオのデザインセンスを投入して、タフながらも美しいフォルムを実現しています。

2009.09 高付加価値を追求し、「ONKYO」ブランドをPCに展開
「ONKYO」ブランドをPCに展開
これまでPC製品は「SOTEC」ブランドを中心に展開してまいりましたが、今後あらたに発売される付加価値を追求したPC製品から「ONKYO」ブランドを順次展開していくこととなりました。当社はオーディオメーカーとして初のインテルViivテクノロジーを搭載したコンピュータや、音質に特化した超静音コンピュータなど個性あふれるPC製品を開発してまいりました。今後もさらにオーディオ市場で培った高い品質と高付加価値のブランドイメージをPC 事業において積極的に展開しながら「高付加価値製品の開発」「更なる品質向上」「サポート体制の充実」を図り、PC 事業を拡大して参ります。

2009.09 世界最大の家電量販店ベスト・バイ社と取引を開始
北米での拡販へ、大きな展開
オンキヨーU.S.A.社において、世界最大の家電量販店チェーンのベスト・バイ社との取引を開始し、主力のAVレシーバーなどの製品を同社の店舗内ショップである「マグノリア・ホームシアター」で9月から店頭販売を開始いたします。ONKYO ブランドは、日本国内はもとより海外でも数々の名誉あるアワード(賞)を継続的に受賞するなどNo.1ブランドとして認知されております。オンキヨーU.S.A.社は、北米において従来よりホームシアター事業を展開しておりますが、本取引の開始を契機に、北米での拡販につながるものと期待しております。

2009.08 オーディオの進化形。ニューシステムコンポ
ニューシステムコンポNRX
先般、発表いたしました「ND-S1」と同時に発売するシステムコンポ、「NRXシリーズ」をご紹介します。ND-S1と組み合わせることで、iPodやPCの音楽ライブラリをデジタル転送のクオリティで再生します。これまでiPod内でアナログ変換していた従来の方式と比べると音楽の密度や躍動感、低音の豊かさが圧倒的に変わります。iPodは、回転系のメカを使用したCDプレーヤーに比べ、音楽を汚す振動面において圧倒的に有利と言われハイエンドオーディオファンから、その音楽的な可能性を期待されています。高品位なミュージックサーバが実現することから、あらたなオーディオの需要を創造することが期待されています。

2009.07 デジタルオーディオの技術革新
世界初、iPod&PCの「デジタル伝送」に成功
これまでのiPodドックは音楽信号を一度iPod内でアナログ変換しオーディオ機器へ転送していましたが「ND-S1」は、iPodからダイレクトにデジタル信号を取り出すことを実現した画期的な製品です。フラッシュメモリを使用したiPodは、CDドライブなど回転系のメカを使用したCDプレーヤーに比べ、音楽を汚す振動面において圧倒的に有利と言われハイエンドオーディオファンから、その音楽的な可能性を期待されています。CDを超える音への可能性。あらたなオーディオの進化を、またひとつオンキヨーが実現します。
※iPodとPCの音声をデジタル出力する機能をひとつの筐体で実現した民生用オーディオ機器として(オンキヨー調べ)

2009.06 次世代通信技術「WiMAX」に対応したプレミアムミニノート
大人気のC204シリーズ
5月に発売し、大画面と使いやすいキーボード、そして高級オーディオのデザイナーが手がけた上質なデザインが好評のSSD搭載ミニノート「C204」シリーズのラインナップをさらに拡充いたします。マスメディアでも話題になっているモバイル「WiMAX」(ワイマックス) に対応した2 モデルを発売。カフェなど限定されたエリアで利用される無線LAN に加え、世界標準規格であるモバイルWiMAX に対応、外出先や移動中も高速インターネットを楽しむことが可能になります。

2009.05 最先端の「SSD」を搭載。大好評のミニノートがさらに強力に
最薄・最軽量を実現したミニノート
メインPCに迫る大画面と使いやすいキーボード、そして高級オーディオのデザイナーが手がけた上質なデザインが好評のミニノートシリーズに、最新のモデルを投入します。これまでのシリーズはHDD搭載モデルのみでしたが、C204シリーズは最先端の「SSD」(Solid State Drive)を搭載。従来のHDDと比較して、軽量で衝撃に強くモバイル性能をさらに高めています。ミニノート(ネットブック)市場のランキング上位に常にランクインされている当シリーズに、さらに強力な仲間が誕生いたしました。

2009.05 シェアNo.1コンパクトシアターがブラッシュアップ
盛り上がるTVシアター市場に投入
テレビの薄型化が進むに連れて、TVドラマや映画鑑賞時のセリフの厚みや音の質感に物足りなさを感じてしまうユーザーが増えてきています。HTXシリーズは、5.1chサラウンドアンプ内蔵サブウーファーとフロントスピーカー2本だけで本格的なシアター再生が楽しめる「最高にシンプルなホームシアターシステム」。大ヒットモデルの後継機となるHTX-11Xは、最先端のスピーカー振動板を搭載してクリアさと量感を併せ持つ低音再生を追求し臨場感をさらにスケールアップしました。シンプルな高性能システムで、ハイビジョンTVの迫力をさらに増大させたいユーザーへ提案いたします。

2009.04 ONKYOだからできたPCの新しいデザイン
独立スピーカーBOXを搭載
2009年夏モデルとして、アドバンススリムタワー「SOTEC S503 シリーズ」を発表、4月25日より順次発売いたします。「SOTEC S503シリーズ」は、ONKYO製スピーカーユニットをディスプレイから独立したスピーカーBOXに搭載するという画期的な新しいPCのデザインです。大容量のBOXを独立させていることで豊かな低音と表現力が飛躍的に向上し、PCでの音楽ライフ、映画ライフまたはゲームなどの楽しみがこれまでと違った世界観へと突入します。これからも当社にしかできないPCのデザインを進めていくことでプレミアムなAVCライフを提案してまいります。

2009.04 シェアNo.1AVセンターが「シルバーデザイン」でニューリリース
国内のシアター市場を拡大
オンキヨーのAVセンターは、2007年に世界に先駆けてHDサラウンド音声に対応しました。その表現力は高く評価され、海外モデルはヨーロッパで高い権威を誇る「EISAアワード」や英国の有力誌「WHAT HI-FI?」などで数々の賞を獲得しました。国内においても2年連続シェアNo.1を達成しております。あらたなAVセンターシリーズは、理想の大画面リビングにふさわしいシルバーカラーへとデザインを一新しました。本格的なシアターライフを求めるユーザーを獲得し、国内のシアター市場を本物の持つ上質さで拡大してまいります。

2009.03 拡大するPCスピーカー市場にフラッグシップモデルを投入
拡大するPCスピーカー市場に本物を
iPodをはじめとするデジタルオーディオプレーヤーの普及により、家庭内で音楽を聴くスタイルは多様化し、パソコンで音楽を再生するユーザーも増加しています。オンキヨーは1998年に業界に先駆けてPC用オーディオボードを開発し、以来ハイクオリティなPCスピーカーも投入して、PCのグレードアップを図るユーザーから高い支持を得ております。「GX-500HD」はハイエンド・マシンにふさわしい音響性能を求める方に提案する、最高クラスのPCスピーカーです。同時に、PCスピーカー市場においてONKYOブランドのイメージ向上を図ってまいります。

2009.03 大好評のミニノートC1シリーズ。バッテリー5時間駆動を実現
ネットブックの高性能モデル
話題の小型ノートパソコン市場で展開中の「SOTEC C1 シリーズ」の店頭販売専用モデルとして、大画面ワイド液晶や大型キーボードなどのユーザーフレンドリーな基本性能はそのままに、約5時間のバッテリー駆動時間を実現した「SOTEC C103 シリーズ」を3月20日より順次発売いたします。クラス最大級の大型画面と使いやすいキーボードは、「メインPCにも迫る使いやすさ」と評され、市場で大きなシェアを獲得する要因となってきました。バッテリー駆動時間の大幅拡大によりさらに大きなシェア拡大を図ってゆきます。

2009.03 液晶一体型PCのオンリーワンモデル。新E7シリーズ
欲しいものが一つになった
SOTECからブラッシュアップされた液晶一体型PC、E702A9を発表、3月7日より順次発売いたします。E702A9は、16:9 のフルハイビジョン液晶パネルやブルーレイディスクドライブ、2番組同時録画が可能な地上デジタルテレビチューナーを搭載した意欲作です。さらにオンキヨーテクノロジーを投入した高性能スピーカーとiPod 用Dockを搭載して、「TV+パソコン+オーディオ+ブルーレイディスクレコーダー」という、今一番欲しいものが一つになったオンリーワンPCです。

2009.02 iPodユーザーのニーズに応える。スタイリッシュコンポ
トップレベル技術のスピーカーで聴く
iPodは年間650万台のDAP市場で6割近いシェアがあり、すでにユーザーが1,000万人をこえたと言われています。そしてその多くのユーザーはiPod用スピーカーを購入する傾向が見られます。従来のiPod用スピーカーではiPodのみの再生に限定されて音楽CDが楽しめない、また音質が物足りないといった声がありました。「Tシリーズ」は高級アルミパネルでつくられた本格派CD/iPodスタイリッシュコンポです。この度デザインと音質をブラッシュアップした第3世代モデルを発売し、膨大なiPodユーザーシェアを獲得してゆきます。

2009.01 大好評のミニノートPCを新デザインで販売。C102シリーズ
メインPCに迫る使いやすさが大好評
2008年の9月に新製品としてPC市場に投入したミニノートC1シリーズは、「ネットブック」と呼ばれるカテゴリーにおいて常に上位の売り上げランクを確保するなど大好評を博しています。その魅力はクラス最大級のディスプレイと余裕あるキーボードです。メインPCに迫るキーボードタッチや見やすいディスプレイは、単なる「ネットブック」としてのユースを超え、同モデルのファンを拡げている大きな要因となっています。この度、高い基本性能を備えるとともに天面デザインを一新した新モデルをあらたに開発、さらに市場シェアを高めてゆきます。