D-055 TECHNOLOGY
開放感に満ちた伸びやかな音色が魅力のツィーター
高音を再生するツィーターには、振動板の繊維の素材や太さから検討してつくりあげたソフトドーム型を採用。ライブ会場にいるような、開放感に満ちた音場感が魅力のユニットです。
力強く量感ある低音を再現するウーファー
要となる振動板には、強くてしなやかな素材を使用した独自開発のものを使用しています。 固有ノイズが少ない不織布のコットンをベースに、アラミド繊維とハイブリッド成形して開発したN-OMF振動板を採用しました。 振動板中央部には、周波数特性の乱れを防ぎサウンドの滑らかさやスピード感を向上させる砲弾型イコライザーを装備。躍動感あふれる音楽再生を実現します。 ボイスコイルをより正確に駆動するための巨大なマグネットや、不要な放射音を低減する特殊形状のエッジ、微細なレベルのノイズも低減させる高制振性フレームの採用など、求めるサウンドを再生するためにさまざまな箇所に工夫を凝らしています。
量感豊かな低音を引き出すバスレフダクト
空気振動のエネルギーを背面のダクト部から放出し、低音の広がりをプラスする豊かな音場を再現します。スピーカーの個性を最大限に引き出せるよう、何度も試作と検証を重ねて形状を決定しました。
密度が高く、響きが美しいMDFキャビネット
スピーカーキャビネットには、一般的なパーチクルボードに比べて特定周波数に対する共振が少なく、高剛性かつ高密度の「MDF(ミディアム・デンシティ・ファイバーボード)材」を使用しています。あたかも楽器のような心地よいアコースティックの響きや豊かな余韻までも表現することを実現しました。
音質劣化を防ぐ金メッキ真鍮削り出しターミナル
スピーカーターミナル部には、導電性に優れる金メッキの真鍮削り出しタイプを採用しました。接点における信号の伝送ロスを防ぎ、経年変化による信号伝導力の劣化も抑える高品位な仕様です。また、市販される多くのスピーカーケーブルをしっかりとホールドするネジ式を採用していますので、ケーブルの交換による自在なサウンドチューニングにも柔軟に対応します。

SITEMAP