D-NFR9TX TECHNOLOGY
単品クオリティの追求。N-OMF振動板を搭載
NFR-9TXとの相性はもちろん、さまざまなアンプと組み合わせても朗々と鳴り響きダイナミックな音楽性を引き出す単品スピーカーを求めて、要となる振動板を新たに開発しました。振動板の理想像は「より硬く・軽く・固有音が少ない」点に集約されますが、特に能率を高めて反応を良くすることに重点を置き、試作とヒアリングを繰り返しながら最適な素材や組み合わせを追求。不織布のコットンを4層重ねて、アラミド繊維をハイブリッドしたN-OMF振動板を搭載しました。振動板中央部には、周波数特性の乱れを防ぎ、滑らかさやスピード感を引き出すよう設計された砲弾型イコライザーを装備。中高域のクリアさが増すことにより、ヴォーカルの輪郭はより鮮明に映し出されます。
リアルウッド突き板仕上げ
キャビネット表面には高級感あふれるリアルウッド(天然木)による突き板仕上げを採用。天然木をごく薄くカットし均質で安定したボード材に接着する高度な加工です。幾度も塗装を重ねたあと、木目の感触を失わないよう手作業で仕上げられ、美しい外観と自然でやわらかな音質を両立しました。また不要な音の回折を防ぐためにバッフル面の左右にラウンドを持たせるなど、緻密な設計を随所に取り入れています。
アドバンスドAERO ACOUSTIC DRIVE
D-NFR9TXにはバスレフ技術AERO ACOUSTICDRIVEの上位仕様を採用。ダクト部をキャビネットと別パーツにして振動干渉を低減させることで、繊細なニュアンスの再現性がさらに豊かになります。

情報量が豊富なハイレゾ音源にも対応
長年培ったスピーカーテクノロジーを惜しみなく注ぎ込むことにより、再生周波数は45Hz〜100kHzを確保し、既存のデジタル音源の情報量を凌駕するハイレゾにも対応。ソフトに込められた微妙なニュアンスまでも豊かに再現します。