2種類のバランス駆動や
リアルタイムDSD変換にも対応、
さらなる高音質を気軽に楽しめる

好みに応じてセレクトできる2つのバランス駆動

2.5 mm 4極端子によるバランス出力をサポートしており、一般的な「BTL駆動」とオンキヨー独自の「ACG(アクティブコントロールGND)駆動」を選択可能です。「ACG駆動」は、バランス駆動の特殊な方式で、COLD側アンプの増幅能力を使ってGNDをアクティブにドライブし、揺らぎのない理想的なGNDをキープすることに特化します。通常のアンバランス駆動に対して、高いセパレーション性だけでなくバランス駆動で得られるパワーアップ分を、“安定性”強化に使うことにより、非常にクリアで実在感のあるサウンドが得られます。

ACG(アクティブコントロールGND)駆動の特長

  • ・聴感S / Nが向上し、空間表現が立体的かつ見通しがよくなる。
  • ・ハイレゾ音源の強みである低域の輪郭がより明瞭になり、
     グッと沈み込む。
  • ・全体的にキレのある音離れのよいサウンドになる。
p3_cell_1sub_img
p3_cell_1_img1 p3_cell_1_img2

リアルタイムDSD変換 ~DSDサウンドクオリティへ~

WAV、FLAC音源をはじめ、圧縮音源さえもリアルタイムでDSDに変換して再生することができます。オーバーサンプリングにより量子化ノイズを可聴帯域外に追いやることで、クリアな音質を実現しています。

p3_cell_2_img

アップサンプリング ~ハイレゾサウンドクオリティへ~

最大384 kHzまでのアップサンプリング機能を搭載。ハイレゾ音源だけでなく、お手持ちのさまざまな音源もハイレゾのような高音質で楽しむことができます。

p3_cell_3_img
※Digital out時には、整数倍出力可能。

再生中の音質切替もスムーズ

音楽の再生中でも、バランス駆動やリアルタイムDSD変換、アップサンプリングなどをスムーズに切り替えることができます。

p3_cell_4_img

SITEMAP