TX-RZ820 TECHNOLOGY
High Quality Sound

スピーカーを正確にドライブしノイズを排除するオンキヨーのダイナミックオーディオアンプフィロソフィー


ダイナミックオーディオアンプフィロソフィーとは

音声信号に含まれるエネルギーとダイナミズムを正確に捉え、ロスなく、制作者の想いまでも鳴らしきること。それがオンキヨーのアンプ哲学である「ダイナミックオーディオアンプ」の考え方です。実際の音声は、テスト信号のような変化のない静的なものではなく、変化を続ける動的な無数の波の集まりです。SN比などの測定値による静特性も重要ですが、感情までをも伝えるサウンドの再生には動特性が鍵を握ります。TX-RZ820は優れた動特性により、激しい信号の変化に対し瞬時に反応することで作品が持つ「生命力」や「リアリティ」をお届けします。

■ハイカレントアンプ設計
正確で安定したスピーカードライブを実現するためには大電流をスピーカーに供給する必要があります。そのためオンキヨーでは厳選されたカスタムメイドの大型トランスやコンデンサーを採用したハイカレント設計により大型のスピーカー振動板も正しく制御。TX-RZ820では、オーディオ試聴のメインシステムとして使われる30cmクラスの大口径ユニットもしっかりドライブします。
■ノンフェーズシフトアンプ
音が減衰するポイントを可聴周波数の外に追いやることで位相ズレのない焦点の定まった音像を実現します。
■デジタルノイズを低減するフィルター回路「VLSC」
完全に取り去ることが難しいD/A(デジタル/アナログ)変換時に発生するパルスノイズを独自技術で極限まで減少させています。(全7ch搭載)
入力されたデジタル信号はD/A コンバーターでアナログ信号に変換された後、フィルターを通ります。しかし、一般的なフィルターではパルスノイズを完全に除去できません。残ったノイズは元の信号とともにアンプによって増幅され、音の品質に悪影響を与えます。オンキヨーのVLSC はパルスノイズを除去し、原音に含まれるディテールまで正確に再現します。
■4Ωスピーカー対応
強力な電源供給と回路設計により4Ωスピーカーも正確にドライブ。お手持ちのピュアオーディオ用をはじめ、様々なタイプのスピーカーでお楽しみ頂けます。

Surround
ホームシアターの概念を覆す圧倒的な空間再現力
革新的なテクノロジーDolby Atmos®(ドルビーアトモス)に対応

映画制作の最前線でもそのサウンドクオリティが認められている、革新的なシアターテクノロジーDolbyAtmos。DolbyAtmosによるサウンドは、前後左右だけではなく、頭上を含めた全方位から押し寄せるようなリアリティのある多次元の音響空間をつくり出します。TX-RZ820は、高精度な演算処理を実現する32bitのクアッドコアDSPを搭載することで、ご自宅でのDolbyAtmos再生を可能にしました。従来の2.1ch、3.1ch、5.1chといったスピーカーシステムに、天井へ1組のスピーカー又はイネーブルドスピーカーを設置して組み合わせることで、DolbyAtmosのサウンドをお楽しみいただけるようになります。また、DolbySurroundモードを選択すれば、既存のドルビーデジタルなどのオブジェクト情報のないソフトもアップミックスにより、設置した天井スピーカーやイネーブルドスピーカーを利用した臨場感溢れる音場空間がお楽しみいただけます。

ホームシアターファン待望、
話題の最新ホームシアターテクノロジーDTS:XTMに対応。
従来のチャンネルベースの音に加え、音の位置情報や移動情報を加えることで、三次元の音場空間を作り出す、最新の次世代サラウンドフォーマットDTS:Xに対応。DTS:Xの作り出す音場は、あたかも映画の主人公になったかのように作品にのめり込むような感覚です。リビングが今まで体験したことのないエンターテインメント空間に生まれ変わります。また既存のPCM音声などのオブジェクト情報のないソフトもNeural:Xでアップミックス処理を行うので、お手持ちのソフトも存分に楽しんでいただけます。
シアターサウンドの世界基準THX Select認証取得
従来のチャンネルベースの音に加え、シアターの世界的基準THXは、映画館特有の臨場感の再現を目的とした基準や規定が細かく体系化されており、認証には厳格な審査に合格しなければなりません。TX-RZ820は、THX Select認証取得。映画産業にかかわる技術者の厳しい要求に高水準で応えられる、様々な仕様や性能が凝縮されています。
ドルビー・イネーブルド・スピーカーを最適に鳴らすAccuReflex搭載
ドルビー・イネーブルド・スピーカーは天井に音を反射させることでDolby Atmosなどのオブジェクトオーディオの特徴のひとつである高さ方向のサウンドを手軽に楽しめます。しかし、天井に反射する帯域の音とドルビー・イネーブルド・スピーカーから直接聴こえる帯域の音との間に僅かな時間差があり、これが結果的に位相ズレを起こし、聴感上の違和感になっていました。AccuReflexはこの位相ズレを補正し、ドルビー・イネーブルド・スピーカーをベストコンディションでお楽しみ頂けます。

Visual
最新のHDR(ハイダイナミックレンジ)映像にパススルー対応
眩しい真夏の太陽光や、漆黒の暗闇などの細かい階調を表現する最新のHDR(ハイダイナミックレンジ)の規格。TX-RZ820は、Ultra HDブルーレイTMに採用されているHDR10の他に、今後、対応テレビの発売やコンテンツ配信が期待されるDolby VisionTM、HLG(Hybrid Log-Gamma)にパススルー対応した安心設計です。また従来のBlu-rayに比べて2倍以上の広い色空間をカバーするBT.2020にもパススルー対応しています。
HDCP2.2にも準拠した4K (4K/60p)映像に対応
フルHD画質の4倍の解像度を誇る4K(UltraHD)や3D映像信号にパススルーで対応。加えて、ハリウッドの大手映画会社が、推奨するデジタルコンテンツの保護技術HDCP2.2にも対応しています。(全HDMI7入力、2出力)
※YCbCr4:4:4 横3840画素x縦2160画素および横4096画素x縦2160画素の映像信号。
Auto Sound Setting
どんな部屋でも視聴環境を自動で最適化。
オンキヨーオリジナルAccuEQ搭載
付属の測定マイクを使用して、スピーカーの数や視聴位置からの距離、低音の調整、クロスオーバー周波数などを自動的に測定して設定を最適化できる、オンキヨーオリジナルの音場設定機能AccuEQ Room Calibration(アキュイーキュー・ルーム・キャリブレーション)を搭載。部屋の中のさまざまな環境により生じる音のひずみなどを補正し、クリアでバランスの良い音を手軽に楽しむことができます。

お手軽にDolby Atmosをお楽しみいただける
オンキヨーのドルビー・イネーブルド・スピーカー
天井へのスピーカー設置が難しい環境でも、お手持ちのスピーカーシステムを活かしてDolby Atmosを楽しめるのが、ドルビー・イネーブルド・スピーカーです。天井に向けて放射した音の反射音を利用して、リスニングポジションに音を届けます。フロントスピーカー、もしくはリアスピーカーの上に設置することで、手軽にDolby Atmosの音響空間をお楽しみいただけるようになります。
HI-Res AUDIO

ハイレゾ音源再生に対応。
DSD11.2MHzファイル再生を実現
話題のDSD11.2MHzをはじめ、FLAC、WAV、Apple Losslessの192kHz/24bitハイレゾ音源再生に対応しています。e-onkyo musicにてハイレゾ音源を多数配信しておりますので、コンテンツと併せてお楽しみください。



オンキヨー&パイオニア株式会社は 日本オーディオ協会のハイレゾ定義に準拠して製品にこのロゴを冠して推奨しています。ロゴは登録商標です。

最新の384kHz/32bit
ハイグレードDACを搭載
音質に定評のあるAKM384kHz/32bitの新世代プレミアムDACを搭載しています。マルチチャンネルの8ch入力を備え、DolbyAtmosやDTS:Xなどの最新サラウンドの高音質再生はもちろん、ハイレゾ音源のD/A変換にも対応しています。このDACは32bitデジタルフィルターにより低ひずみ率を実現しており、オンキヨーAVアンプの魅力である「力強さ」に加えて「繊細さ」も両立しました。
デュアルバンドWi-Fi対応
混信の少ない5GHz帯域のWi-Fiが使えるデュアルバンド(5GHz/2.4GHz)に対応しています。また高音質コーデックAACに対応したBluetooth®無線技術を内蔵しているのでスマホ音源などのハイクオリティなワイヤレス再生に対応しています。
リスニングスタイルによって選べるインターネットラジオ

アナログFM/AMチューナーに加えて、インターネット環境を活用したインターネットラジオに対応。地上波ラジオ放送を楽しめるサイマルラジオサービスradiko.jp、radiko.jpプレミアムはもちろん、世界中のラジオを楽しむことができるTuneInにも対応。また話題の音楽ストリーミングサービス「Spotify」にも対応し、様々なリスニングスタイルに合わせてお選び頂けます。

※試聴にはネットワークの接続が必要です。またradiko.jpプレミアムは有料サービスです。詳しくはradiko.jpのホームページをご覧ください。

iPhoneやiPod touch内の音楽が楽しめるAirPlay機能搭載
TX-RZ820と同一ネットワーク内のiPhone、iPad、iPod touch、PC内のiTuneライブラリーの音楽コンテンツをネットワーク経由で楽しむことが出来ます。

話題のChromecast搭載
スマートフォンなどの対応端末から、端末内やChromecast対応の音楽サービスの楽曲を手軽にTX-NR676Eに送信してお楽しみ頂けます。

※アップデート対応になります。ファームウェアは当社サポートページをご覧ください。また音声のみの対応となります。

DTS Play-Fi対応
スマートフォンなどにインストールしたDTS Play-Fiアプリから手軽に端末内やDTS Play-Fi対応サービスの楽曲を手軽にTX-NR676Eに送信してお楽しみ頂けます。

※アップデート対応になります。ファームウェアは当社サポートページをご覧ください。また音声のみの対応となります。

次世代ネットワークオーディオFlareConnect™搭載
対応の音楽配信サービスや接続している外部機器※などの音声を、同一ネットワークに接続したFlareConnect対応機器でストリーミング再生することが可能です。本機に接続したレコードプレーヤーやCDプレーヤーの音声を、別室に設置したFlareConnect対応機器で再生します。また、対応機器に接続した機器の音声を本機で再生することもできます。「Onkyo Controller」アプリを利用すれば、音楽の選択や対応機器のグループ化などの再生管理を直感的に行えます。

※対応する外部入力は機種によって異なります。詳細についてはこちらでご確認ください。
※FlareConnectの機能紹介ビデオ・説明サイトはこちら

OTHER FEATURE
スマートフォンを使って快適操作を実現するリモコンアプリ「Onkyo Controller」対応
「Onkyo Controller」は、オンキヨー製のネットワーク対応商品をお手持ちのスマートフォンで快適に操作するオフィシャルリモコンアプリです。TX-RZ820ではボリューム操作やファンクション切替などの通常のリモコン操作のほか、インターネットラジオの選曲や接続したNASに保存した音源の再生などの快適操作が可能です。
夜中や、マンションなど小音量でもサラウンドを楽しめる
劇場用に作られた映画音声は、大きな音と小さな音の差が大きいため、環境音や人の会話などの小さな音を聴くには、音量を上げる必要があります。夜中やマンションなど、大きな音量で楽しむことが難しい場合でもサラウンドを楽しめる機能を搭載しています。 音量幅を小さくして、全体の音量を上げずに小さな音も聴こえ、夜中などに音量を絞って映画を鑑賞するときに便利な「レイトナイト機能」(ドルビーデジタル、ドルビーデジタルプラス、ドルビーTrueHD時のみ)。
音声信号経路の最短化によりノイズを大幅に抑えるPURE AUDIOモード
表示部とビデオ回路の電源を切り、音声信号経路の最短化によりノイズ源を最小限に抑えるPURE AUDIOモードを搭載。臨場感あふれる最高のサウンド再生を楽しむことができます。
極太ケーブルやバナナプラグとの接続も可能なスピーカー出力端子
スピーカー出力端子は、極太ケーブルも接続ができるネジ式スピーカー端子を採用。さらにバナナプラグにも対応し、ケーブルや接続部分をこだわって楽しむことができます。
電源ケーブルの交換が可能なIEC規格のACインレット(PSEマーク付属電源ケーブル必須)
バイワイヤリング対応スピーカーとのバイアンプ接続に対応
2部屋で異なる音楽を同時に楽しめるマルチルーム対応
PCやネットワークHDD(NAS)に保存した音楽を楽しむネットワークオーディオも、オーディオ機器本体の対応が必要です。プライベートルームでミニコンポなどを使用してこれまで音楽を楽しんでこられた場合、従来の製品ではネットワークに対応しておらず、ネットワークオーディオを楽しむには、対応製品へ買い換える必要がありました。
ネットワークオーディオ対応の本機は、設置したリビングなどで楽しむだけではなく、設置した部屋でのメインな音声出力以外に、異なる音声を別の部屋まで提供することができる「マルチルーム」に対応。例えば、設置したリビングルームでは映画を楽しみ、同時にミニコンポが設置された書斎ではAVレシーバーを操作して、ネットワーク内の音楽をミニコンポで楽しむことが可能です。 AVレシーバーをご家庭に追加するだけで、今お持ちのミニコンポをネットワーク化することができます。
※ 別室にはアンプ機能を搭載したレシーバーなどが必要です。
圧縮音源をよりよい音で楽しむミュージックオプティマイザー
MP3などの非可逆圧縮ファイルでは、もとのCDなどの音質よりも圧縮されており、音質は低下しています。ミュージックオプティマイザーを使えば、圧縮された音楽信号を高品位に再現し楽しむことができます。
音声と映像のズレを補正するA/Vシンク機能
映像が音声より遅れて再生されるようなとき、音声の遅延を調整し、音声と映像のズレを補正するA/Vシンク機能を搭載しています。
ワイドFM/AMラジオが楽しめるチューナー内蔵
本体内にワイドFMラジオ、AMラジオを楽しめる40局プリセット対応FM/AMチューナーを搭載。 日々ラジオから流れる人気の曲を聴いたり、ニュースに耳を傾けたり、ラジオならではの新鮮な音楽や情報を手軽に楽しむことができます。
コンテンツ視聴中に主なメニュー項目が設定できるQuickセットアップメニュー
多機能なAVレシーバーはサラウンドの設定やスピーカーの詳細な設定など、多岐にわたる充実したメニューが準備されています。日々映像を楽しむ際に、サラウンドの切り替えなどの主なメニュー項目は変更したい場合があります。HDMI MAIN端子からのコンテンツ視聴中に主なメニュー項目が設定できるQuickセットアップメニューを採用し、詳細な設定メニューとは別に簡易な変更が手軽にできるようになりました。
テレビのリモコンでAVレシーバーを操作できる、システム連動が可能なCEC(RIHD)対応
最先端のインターフェースHDMI端子を活用したCEC(RIHD)機能により、最新のテレビとのシステム連動を実現。テレビ音声の消音、ホームシアター機器の電源ON、ボリューム操作などがテレビのリモコンひとつで操作可能です。また、RIHDボタンの使用によりHDMI接続した機器とのリンク設定を簡単に行うことができます。


SITEMAP