ホームシアターについて
大画面薄型テレビや、ブルーレイプレーヤーの普及に伴い、聞く機会が増えてきた「ホームシアター」。どのようなもので、どのような利点があり、どのような種類があるのかをご説明します。
 
聞こえ方や費用、外観など豊富なラインナップ
2つの異なる聞こえ方
ホームシアターと一言で言っても、音の聞こえ方には大きくわけて2つあります。1つ目は、バーチャルサラウンド、2つ目は、リアルサラウンドです。
バーチャルサラウンドはテレビ前などに置いたスピーカーなどで、擬似的に立体的な音のひろがりを再現し、臨場感を感じることのできる仕組みです。 リアルサラウンドはソファーの斜め後ろなどにもスピーカーを配置して、そこからも音を出し、映画などで後ろから聞こえる音は実際に後ろのスピーカーから音を出し、リアルな臨場感を再現する仕組みです。
どちらも一長一短あり、映画館やコンサートホールなどよりリアルな臨場感を感じられるのは実際に複数のスピーカーを配置するリアルサラウンドです。 一方、手軽かつ省スペースで楽しめるのはスピーカー本数が少ないバーチャルサラウンドです。


バーチャルサラウンド
前方左右のスピーカーなどで擬似的に立体的な音場を再現し、ひろがりのある音を楽しむことができます。背後から聞こえる音などは擬似的であるため弱くなりますが、安価で始められ、設置場所も省スペースで済むメリットがあります。
 
リアルサラウンド
多数のスピーカーを配置してそれぞれのスピーカーから音を出し、ひろがりのある音を楽しむことができます。 背後からの音は背後に設置したスピーカーから音がでるため、リアルな臨場感を体感することができます。一方でスピーカーが複数本必要で、設置場所もバーチャルサラウンドよりも必要です。
初めは手軽に、将来的には本格的に楽しめる
臨場感は実際に複数本のスピーカーを設置するリアルサラウンドの方が有利ですが、スペースも必要で価格も高くなりがちなため、はじめからフルセットでそろえることはためらわれることかもしれません。 一方、一般的なバーチャルサラウンドは手軽に楽しむことはできますが、物足りなくなった場合に、全てを購入し直すことは負担を大きく感じることでしょう。
オンキヨーのホームシアターなら、はじめはフロントスピーカーと低音用のサブウーファーの2.1chで手軽にバーチャルサラウンドを楽しみ、将来的にリアルサラウンドを購入検討された時には、センタースピーカー、サラウンドスピーカーを追加購入いただき、リアル5.1chサラウンドへアップグレードすることが可能です。 敷居の高いホームシアターを身近にしていきます。


スタイルに合わせて選ぶ、設置性や外観の違い
ホームシアターは様々な外観のモデルがあります。 見た目の違いだけではなく、設置性や、接続のしやすさなども変わってきます。 重視する項目を決めて選んでいくとライフスタイルに合ったホームシアターが見つかります。

バー・サラウンド

スリムで設置性のよいバータイプのホームシアターです。
・メリット
ご使用中のテレビの前に置くだけのかんたん設置。
 
2.1chホームシアター

小型フロントスピーカーが高い設置性を確保。
・メリット
状況に合わせて設置場所の自由度が高い。
シアターコンポーネント

複数本のスピーカーを使った本格ホームシアター。
・メリット
迫力のサラウンドが楽しめる。
     

SITEMAP