アンプ出力、スピーカーそれぞれの特性
シングル接続やバイアンプ接続では、スピーカー再生出力時、クロスオーバー周波数前後にツイーター、ウーファーそれぞれから再生される音が重なりあう帯域が存在します。
一方、デジタルクロスオーバーを利用するとクロスオーバー周波数前後のツイーター、ウーファーそれぞれから再生される音の重なり合う帯域が狭くなります。 このため透明感の高い音楽再現が可能になります。
また、スピーカーシステム内部にネットワークを搭載しないチャンネルデバイダー対応スピーカーを利用した場合には、ネットワークの影響から開放されたパワフルなサウンドを楽しむことができます。


SITEMAP