BASE-V60 TECHNOLOGY
ワンランク上の音質を手に入れるリビングシネマパッケージ
せっかくの大画面テレビも、しっかりとしたサウンドを奏でられるオーディオシステムがないと、映像の迫力に音が負けてしまいます。 一方で、マンションなど大音量で再生することは難しいため、シネマサウンドを諦めている方もいるでしょう。 オンキヨーのリビングシネマパッケージはピュアオーディオや高級AVアンプで培われてきた各種技術を活かし、大音量再生時のパワフルなサウンドはもちろん、夜中や小音量時の再生でもしっかりしたサラウンドを感じることができます。
サウンド&クオリティ
単品コンポ譲り。Class Dアンプ採用の優れもの
高効率で高音質なClass Dアンプを採用し、入力段からパワーアンプ部まで信号劣化の少ないデジタル伝送することで、薄型化とクオリティを両立させました。さらに、オンキヨーの音質に対するこだわりを実現するためにエンジニアが徹底的に試聴を繰り返しながら部品選定やチューニングを行いました。Class Dアンプの電源部にはオーディオ電源用として、オンキヨーカスタムコンデンサーを採用し豊かな低域とボーカルのふくよかさを再現。ノイズ対策と音質対策を両立させるため、パワーアンプ部と電源部をトータルで自社設計するとともに、最適なフィルターや6層のデジタルメイン基板の採用などノイズ対策も万全に行うなど、長年のノウハウを注ぎ込み、単品オーディオクオリティを確保しつつ、各チャンネル80Wのハイパワーを実現しています。
話題の立体音響Dolby Atmos®とDTS:XTMにアップデート対応
音が三次元空間上を縦横無尽に動き回り、まるでリスナーを全方向から包み込むような臨場感で楽しめる話題のDolby AtmosとDTS:X。BASE-V60は、ファームウェアのアップデート対応により、最大で3.1.2chまでのDolby AtmosおよびDTS:Xに対応します。またファームウェアのアップデート後にはDolbyが開発した技術を使用した「サラウンドエンハンサー」モードを使用することができます。「サラウンドエンハンサー」は、音が左右の耳に届く時間差や強弱などを認識して空間把握を行うという人間の知覚伝達特性を基に、音像を仮想的に創り出し、リアスピーカーなしでも包み込まれるような臨場感をお楽しみ頂けます。

*ファームウェアのアップデートについては当社のサポートページをご覧ください。
*アップデート後にDolby Atmosを楽しむにはトップスピーカーもしくはドルビー・イネーブルド・スピーカーが必要です。
お手軽にDolby Atmosをお楽しみいただける
オンキヨーのドルビー・イネーブルド・スピーカー
BASE-V60に手軽に追加して、Dolby Atmosを楽しめるのが、ドルビー・イネーブルド・スピーカーです。天井に向けて放射した音の反射音を利用して、リスニングポジションに音を届けます。フロントスピーカーの上または横に設置することで、手軽に2.1.2chのDolby Atmosの音響空間をお楽しみいただけます。
小さな本格派
音質を左右するフロントスピーカーは、質の高いサウンドを再生できる本格単品オーディオ仕様です。高音を再生するツイーターユニットは、人間の可聴帯域上限とされる20kHzを大幅に超える80kHz近くまで再生できるため、音の空気感や楽器の倍音成分といった微小な成分まで引き出し、クリアかつ伸びやかなサウンドをお楽しみいただけます。また量感豊かな低音再生を可能にする自社開発のN-OMF振動板を採用した、低域再生用ウーファーユニットを搭載。キャビネットも適度な固さでムラのない密度を持つMDF材を使用。コンパクトなサイズにピュアオーディオの技術が息づいています。
パンチの効いた重低音
力強い低音を再生するためには、空気をしっかりと大きく振動させなければなりません。そのため16cmという大型スピーカーユニットを搭載。さらに振動板には「より硬く・軽く・固有音が少ない」という振動板の理想形を追求して設計されたオンキヨー独自のOMF振動板を採用。大容量キャビネットと、幾度もの試行錯誤により割り出した縦横比の矩形ダクトによるAEROACOUSTIC DRIVE(エアロ・アコースティック・ドライブ)により45Hzという低域まで再生することができます。
リビングも専用視聴室のような音場で
リビングルームは、オーディオ専用の視聴室と違い様々な物が置かれていたり、形状や大きさもまちまちです。これらの環境の違いによって生じる音のひずみがホームシアター再生にとって大敵でした。BASE-V60はオンキヨーオリジナルのAccuEQ機能を搭載。付属の測定用マイクを使い、自動的にスピーカーの数、音量レベルの調整、各スピーカーの最適なクロスオーバー周波数、および視聴位置からの距離を測定し、最適なセッティングへ調整します。さらに、部屋の中のさまざまな環境により生じる音のひずみを補正するので、クリアでバランスのよい音が楽しめます。
テレビ周りにすっきり置けるスリム設計
リビングの薄型テレビ周りの空間をすっきり見せるのは、快適な住空間を構築する上でとても重要なポイントです。一方でテレビラックのサイズや形状が多岐に渡る上、様々なAV機器が設置されるため、テレビ周りをすっきり見せるのは難しいものです。このためシネマシステムは音質はもちろんのこと、設置性も重要なポイントになります。BASE-V60のAVレシーバー部は、高さ7cm奥行き約32cmという、収納スペースの悩みを解決するスリム設計。またフロントスピーカーは幅約10cm、奥行き約13cmというコンパクトなセパレートタイプを採用。設置場所の自由度を確保し、あらゆるリビング環境で高いポテンシャルを発揮します。
スマートフォンから簡単操作
ユーザーインターフェースとしての機能を向上させ、使い勝手が良くなった新コントロールアプリ「Onkyo Controller」に対応。お手持ちのiPhoneやAndroid OS搭載のスマートフォンからBASE-V60を操作することができます。
※App StoreではiPhone版専用アプリ「Onkyo Controller」、Google PlayではAndroid OS版「Onkyo Controller for Android」が無償でダウンロードいただけます。
※AVレシーバー部が無線LANルーターと接続されていることが必要です。
小音量でもサラウンドを楽しめる
劇場での迫力ある再生を想定した映画音声を、音量に制約がある夜間のリビングなどでそのまま再生する場合、セリフや細やかな環境音などが聴き取りにくくなる場合があります。BASE-V60は小音量でも豊かな音質を実現するオプティマムゲイン・ボリュームをはじめ、小さなレベルの音を自動補正するレイトナイト機能※、周囲の目を気にせずに、コンテンツが繰り広げる世界を存分に堪能できます。
※ドルビーデジタル、ドルビーデジタルプラス、ドルビーTrueHD
充実のネットワーク機能
充実のネットワーク機能でリビングのオーディオはおまかせ
ホームネットワーク内のネットワークHDDやPC上の音源再生のほか、対応スマートフォンなどの音楽を無線で再生するBluetooth®無線技術やradiko.jpやTuneInといったインターネットラジオやChromecast※、AirPlayを無線で楽しめるWi-Fi機能を本体に内蔵しています。また、スマートフォンなどにインストールしたDTS Play-Fi Appから手軽に、端末内や対応サービスの楽曲を本機に送信してお楽しみいただけますWi-Fiは混信の少ない2.4GHz/5GHzデュアルバンド方式を採用。またホームシアターとしてだけでなくリビングのオーディオシステムとしてお使いいただけます。
※Chromecast、DTS Play-Fiは、ファームウェアによるアップデート対応となります。当社のサポートページをご覧ください。
次世代ネットワークオーディオFlareConnect™搭載
対応の音楽配信サービスや接続している外部機器※などの音声を、同一ネットワークに接続したFlareConnect対応機器でストリーミング再生することが可能です。本機に接続したレコードプレーヤーやCDプレーヤーの音声を、別室に設置したFlareConnect対応機器で再生します。また、対応機器に接続した機器の音声を本機で再生することもできます。「Onkyo Controller」アプリを利用すれば、音楽の選択や対応機器のグループ化などの再生管理を直感的に行えます。

※対応する外部入力は機種によって異なります。詳細についてはこちらでご確認ください。
※FlareConnectの機能紹介ビデオ・説明サイトはこちら

ハイレゾオーディオ対応
CDを超えるクオリティを楽しむ
今、話題のハイレゾ音源はCDをはるかに超える情報量を持っており、まるでその場で歌っているかのようなリアルなヴォーカルやコンサートホールで鑑賞しているようなダイナミックなフルオーケストラなど今まで聴いたことのないようなクオリティで音楽を楽しめます。BASE-V60は、DSD5.6MHz/2.8MHz、WAVやFLAC192KHz/24bitなど様々なハイレゾ音源フォーマットに対応しています。
4K映像対応
最新の4Kテレビを楽しむ
HDCP2.2に準拠した4K映像対応のHDMI端子を装備し、最新の4Kテレビとの組み合わせもお楽しみいただけます。また、通常のハイビジョン画質を4Kグレード画質にするアップスケール機能や最新のUltra HDブルーレイで採用された高画質技術HDR10に対応しています。
その他の機能
別売りスピーカーを増設して5.1chにグレードアップが可能な6chアンプ搭載。
テレビのリモコンで操作が出来る便利なRIHD(HDMI CEC)機能搭載。
アナログプレーヤーが接続できるMMカートリッジ対応PHONO端子装備。

SITEMAP