TX-SA578(B) 7.1ch対応AVセンター
最先端「HDMI ver.1.4a」を搭載して3D映像に対応。3次元シアターを見据えたエントリーモデル
HDMIの最新規格「HDMI ver.1.4a」を搭載して、3D映像伝送とARC(オーディオリターンチャンネル)に対応した、エントリークラス屈指の先進性を誇るモデルです。3D映画が注目を浴び、3Dテレビや3Dブルーレイディスクプレーヤーの登場に沸く2010年、これらのAV機器と組み合わせる将来を見据えて、映像と音の上質な3Dシアターを楽しめる先端仕様を採用しました。
3次元の映像が生み出すリアリティを深めるためには、立体的に動く映像に合わせて忠実に音声を再生し、いかに滑らかな表現や雰囲気を演出できるかにかかっています。そのためホームシアターの核になるAVセンターには、これまで以上にピュアな再生能力が求められます。TX-SA578は、ピュアオーディオ開発で培ってきた設計ノウハウを駆使して、微小信号まで埋もれることなく再生する品質を追求。パワーアンプ回路には、ICチップに頼らずパーツを吟味して自在に回路設計ができるディスクリート構成を採用しています。さらに新モデルでは、3次元マトリックスデコード「ドルビープロロジックIIz」を搭載し、前方上下の空間表現力を高められるようになりました。ピュア品質の底上げによって、3D時代はもちろん、現代のデジタル放送やブルーレイディスクの高精細なデジタルサラウンド音場も、より緻密な再生を実現します。
またHDMI ver.1.4aの基本機能であるARCによって、テレビまわりはよりシンプルに。対応するテレビと接続すれば、従来はテレビ音声をホームシアター機器に出力するために必要であった、光ケーブルを接続する必要がなくなり、HDMIケーブル一本の接続だけのストレスフリーなサラウンド環境を構築できます。
\71,400 (税別\68,000) 2010/04/30発売
24bit/192kHz D/Aコンバーター|高精度 32bit DSP回路|フロントスピーカーだけでサラウンド再生が可能なバーチャルサラウンド機能「Theater-Dimensional」|映画館の音響特性に配慮して高音域が強調された映画音声を家庭での再生に合わせて補正するシネマフィルター回路|小音量再生時でも聴き取りやすいよう音量幅を調整す るレイトナイト機能(ドルビーデジタル、ドルビーデジタルプラス、ドルビーTrueHD時のみ)|小音量時にサラウンド効果を高める「Audyssey Dynamic EQ」|音声と映像のズレを補正するAVシンク機能|音声信号経路の最短化によりノイズを大幅に抑えるPURE AUDIOモード|MP3など圧縮音楽ファイル をより高品位に再生するミュージックオプティマイザー|LFE chを持たないソースでもサブウーファーを効果的に動作させるダブルバス機能|サブウーファ ー非使用時などダウンミックス再生時の音質劣化を防ぐノンスケーリング・コンフィグレーション|TV番組途中のCM放送時などに生じる音量差を瞬時に自動感知して音量調整する「Audyssey Dynamic Volume」|入力系統ごとに音量レベルを設定して再生機器間での音量差を緩和するインテリボリューム|トーンコントロール|より細やかなトーンコントロールが可能なマルチバンド・イコライザー|底面の強度を高めて振動の折り返しを分散させるために楕円状のプレ スラインを設けたオーバルシャーシ、音色のお好みに合わせて電源ケーブ ルの交換が可能なIEC規格のACインレットの装備(※1)など、音質向上のためのテクノロジーをふんだんに投入|各回路間で生じるクロック信号の伝播時間差を回避する等長パターンによる回路設計|携帯プレーヤーなどとの接続に便利なLINE IN 端子(ステレオミニ端子)|バイワイヤリング対応スピーカーにサラウンドバックchのアンプを併用して接続できるバイアンプ接続対応
※1:安全のためPSEマークが付いた電源ケーブルをご使用ください。
付属品 / プリプログラム対応リモコン(RC-763M)、電源ケーブル(2m)
AWARDS
HiVi 冬のベストバイ2010「AVセンター部門I(8万円未満)」で第1位に選定されました