NFR-9 TECHNOLOGY
特別仕様を施したプレミアムなセンター部
すべての電気機器の電子回路は動作を正確なものとするために、グランド電位をゼロ基準値としています。大電流を扱うオーディオ機器、とりわけアンプにおいては基準となるグランドの安定化(常にゼロ電位に保つ)が信号増幅の精度に大きく影響することは言うまでもありません。しかし実際の音楽信号を入力した場合、回路動作によって発生する電流がグランドに流れ込む可能性が高くなり、結果としてグランド電位を変動させてしまいます。NFR-9では、信号経路の最短化や回路間での干渉を防ぐ独自の設計を駆使することにより、グランドラインのインピーダンスを下げてグランド電位の変動を抑制。音楽情報を曇らせるノイズの排除を極限レベルまで達成しています。
アルミボリュームつまみ
ボリューム回路は音質面の核ともいえ、同時に左右の音楽情報を誤差なくコントロールする高い信頼性も要求されます。NFR-9はフロントパネルに加えて、ボリュームつまみにも高剛性アルミ素材を採用。検証を重ねて音質面でより有利な形状を解析し、音質劣化に結びつく不要な振動を徹底して排除しています。
ネジ式ターミナル(バナナプラグ対応)
NFR-9は、本格的な4Ω(オーム)ドライブアンプを搭載していますので、オンキヨー製の単品スピーカーはもちろん、インピーダンスの低いご自宅のビンテージスピーカーや海外モデルまで幅広い対応が可能です。さらに市販される極太のスピーカーケーブルもしっかりとホールドするネジ式ターミナルを装備し、単品使用を前提とするこだわりを随所に施しました。

SITEMAP