T-4070 TECHNOLOGY
動的ノイズの発生メカニズムを究明した「DIDRC」回路
デジタルオーディオの登場以来、スペック上のSN比は著しく向上しました。しかし、そのSN比の数値は測定器上での静的なノイズしか反映しておらず、オーディオ機器での音の再生とともに発生する動的なノイズは考慮されていませんでした。
そもそも人間の耳には聞こえない超高周波数帯域には、クロック信号などデジタル機器に起因する信号成分が存在します。その帯域で歪みが生じると、ビート(うなり)と呼ばれる現象が起こり、人が知覚できるノイズが発生してしまいます。これが混変調歪というもので、特に音声信号と相関を持ったノイズの発生は聴感上有害となります。たとえば楽器などで複数の音色が混ざり合えば美しいハーモニーにもなり得ますが、オーディオ信号の処理でこういった現象によるハーモニーは望めず、音源が本来持つ音色に悪い影響を与えてしまうのです。このノイズは計測できないほど微小なレベルの成分です。しかし人間の聴覚が同様に微小なレベルである楽器の倍音成分までをも認識してしまうため、ノイズに対しても十分な対策が必要とされるのです。オンキヨーはこのノイズの原因となるビートの発生メカニズムを究明し、新回路「DIDRC(Dynamic Intermodulation Distortion Reduction Circuitry)」を開発。MHz帯までの圧倒的な増幅性能に優れ、1μ秒(100万分の1秒)という瞬時に最高1000Vにまで達する反応速度を併せ持ち、ノイズレベルも人間の聴覚の限界値(およそ-120dB)よりも遥かに低い-140dB以下に抑えられた画期的な回路です。この「DIDRC」は、まずはリファレンスHi-FiシリーズP-3000R、M-5000R、C-7000Rに搭載されました。そこで高い評価を獲得したため、今回A-9070をはじめとするスタンダードモデルへの搭載を実現。オンキヨーの最上位モデル直系の音質が、より身近になりました。

ネットワーク内の音楽再生に対応
LAN端子とLANルーターをLANケーブルで接続すれば、LAN内のPCやNASの音楽ファイルの再生が可能で、再生ファイルの選択やボリューム調整などがWindows Media Player画面から操作可能です。
高品位ウォルフソン製DACを2基搭載
音質面でも定評あるウォルフソン製192kHz/24bitステレオDACデバイス(WM8742)をL/Rチャンネル個別に2基搭載。贅沢にもチャンネルあたり2回路を差動動作とすることで、高調波歪の低減のほか、SN比やチャンネルセパレーションの向上を図っています。
話題のIPサイマルラジオサービス「radiko.jp」に対応
近年、都市部を中心に高層建築、モーターなどの雑音源の増加などによりラジオの聴取環境は著しく悪化しています。「radiko.jp」は、インターネット環境を活用して、安定した受信環境の提供と、より魅力ある音声メディアの姿を追求する「IP(Internet Protocol)サイマルラジオ」のサービスです。本ネットワークに対応したT-4070であれば、より快適なラジオ放送をお楽しみいただけます。
※「radiko.jp」の対応(聴取可能)エリア/放送局についてはradiko.jpのWebサイトをご覧ください。
※T-4070のディスプレイは英数半角文字のみ表示可能です。
※ファームウェアは最新の状態にしてください。
リスナーの好みを学習して自動選曲する「AUPEO!」に対応
AUPEO! は、120を超える音楽のジャンルや何千というアーティストの中から、自分の好みにあった曲を流してくれる音楽ストリーミングサービスです。AUPEO! 独自の機能として、流れている曲に対して好き(LOVE)か嫌い(BAN)を選択し、それを続けることで、AUPEO!がお薦めする曲がより自分の好みに近いものになっていきます。さらに、Artist Radioで特定のアーティストで検索ができるばかりでなく、Mood Selector機能を使うことで、その時の気分やシーンにあった曲を選曲できます。
※現在、AUPEO!国内サービスにおきましては、 AUPEOの技術的な問題により、サービスをご利用いただけない状況が発生しております。 ご利用のお客様には大変ご迷惑をおかけしておりますことを、心よりお詫び申し上げます。 詳しくはサポートページをご覧下さい。
iTunesやiPhone/iPod touch/iPad内の音楽をネットワーク再生できる「AirPlay」対応
無線LANの環境下で「AirPlay」機能を利用すれば、iPhone/iPod touch/iPad内の音楽やPC/Mac内のiTunesの音楽を「T-4070」にワイヤレスで飛ばして、接続しているオーディオシステムから再生することが可能になります。 たとえばソファに座ったまま、手元にあるiPhoneを操作するだけで、離れた場所にあるオーディオ機器から音楽を再生したり、その場から移動することなく、次々とお気に入りの曲を切り替えることができるようになります。
※1 iPad、iPad 2、iPhone 4S、iPhone 4、iPhone 3GS、iPod touch(第2世代以降)でご利用いただけます。iOS4.2以降。
※2 iTunes 10.2以降でご利用いただけます。
※最新のソフトウェアにアップデートしてからご利用いただくことを推奨いたします。
※ワイヤレス再生を楽しむためには無線LAN環境が必要です。動画コンテンツの場合、音声のみ伝送が可能です。
スマートフォンがリモコンに
AndroidスマートフォンやiPod touch/iPhoneをリモコンとしてお使いいただける専用アプリ「Onkyo Remote」に対応。本機と「RI (オンキヨー独自のシステム連動機能)」で接続したアンプの入力ソースの切り換えやボリューム調整、本機でのインターネットラジオの選局などの主要操作が可能です。さらにAndroidスマートフォン自体を含むLAN内のデバイスの楽曲をAndroidスマートフォンでリモート操作し、T-4070で再生することも可能です。
※T-4070と無線LANルーターとの有線LAN接続が必要です。
※「Onkyo Remote」および本機のファームウェアは最新の状態にしてください。
↓AndroidOS搭載スマートフォン専用アプリ詳細
iPod/iPhoneデジタル接続対応USB端子
iPod/iPhoneからのデジタル伝送に対応するUSB端子を装備。聴き慣れた楽曲も、より高品位に楽しめます。また同端子はUSBメモリーとの接続も可能です。
※T-4070のディスプレイは英数半 角文字のみ表示可能です。
※USBメモリーは書き込み速度の速いもので、セキュリティ機能は解除してお使いください。
※無線LANアダプターUWF-1、BluetoothアダプターUBT-1には対応していません。

SITEMAP