NS-6130 TECHNOLOGY
デジタル機器固有のノイズを大幅に抑制するVLSC

デジタル音声信号のD/A変換時に発生するパルス性ノイズを抑制するために、一般的にはLPF(ローパスフィルター)と呼ばれる濾過回路が使用されます。しかし、この回路では効果が不十分なためノイズが残留してしまいます。オンキヨーは、このノイズ固有の正負対称の超高周波形には追従せず、音楽波形に反応する画期的なフィルター回路「VLSC」(Vector Linear Shaping Circuitry:ブイ・ エル・エス・シー)を独自の理論で開発。これまで常識とされてきたLPFから 脱却してデジタルオーディオ技術のポテンシャルを最大限に引き出すことで、原音の本来持つ細やかな音声情報まで正確に再生することができます。




高性能DACデバイス「AK4452」を搭載
音質に定評のある旭化成エレクトロニクス社製DACデバイス「AK4452」を搭載しており、384kHz/32bit対応とともに、その高い分解能により、滑らかで繊細な音楽表現を可能にします。
音源に合わせて3つのモードが選択できるデジタルフィルター搭載
「SHARP」「SLOW」「SHORT」の3つのモードを持つ、デジタル信号の応答特性を改善するデジタルフィルターにより、お好みに合わせてフィルターを切り替えることで、音の違いを楽しむことができます。

振動を抑制するアルミフロントパネルとフラットシャーシ

制振性を高めるため、フロントパネルに剛性の高いアルミ材を使用しています。また、シャーシの起伏による複雑な共振を抑制するフラット形状の鋼板により、振動を抑制しています。


PCレスによるハイレゾ音源配信サイト「e-onkyo music」からの
ハイレゾファイルの購入・ダウンロードを実現

オンキヨーは、PCを使わずに、スマートフォン・タブレットなどから「e-onkyo music」で購入した楽曲を、ご家庭内のネットワークに接続しているネットワーク オーディオプレー ヤー(NAP)「NS-6170」、または「NS-6130」の外付けHDD(別売)へ直接ダウンロードできる「e-onkyo ダウンローダー」機能を開発。 ハイレゾ音源の購入から保存・再生までの面倒な手間がなくなり、手軽にお気に入りの音楽を楽しめるようになります。


ご家庭内のネットワーク上のPCからNAPの外付けHDDへの書き込みが可能
ご家庭内のネットワーク上にあるPCから、NAPにUSB接続している外付けHDDへファイルを移動することが可能になります。お気に入りの曲を手軽に整理でき、ハイレゾリューションファイルから圧縮音源まで多彩な音楽ファイル再生に対応しているため、ミュージックライブラリーを構築して気軽に楽曲再生を楽しめます。
※上記2つの機能は、ファームウェアのアップデート対応となります。
※HDDへの書き込みには、本体でのフォーマットが必要になります。
※「e-onkyo ダウンローダー」の使用に際しては、下記のようなネットワーク環境が整っていることが必要です。
※USB接続外付けHDDは別途、お買い求め頂く必要があります。


スマートフォンからご家庭にハイレゾファイルを購入頂く流れと
ご家庭内のネットワーク接続の一例

ご家庭内のネットワーク上のPCからNAPとHDDへの接続


外付けハードディスク(USB HDD)の動作確認済み機種はこちら

e-onkyoダウンローダーのより詳しい説明がご覧いただけるポータルはこちらから
e-onkyoダウンローダーの説明が動画でご覧いただけます。
有線ネットワーク、USBでDSD11.2MHzまでハイレゾ再生

WAV/FLACの192kHz/24bitファイルの再生はもちろん、DSDの11.2MHzまでのネイティブ再生にも対応。外付けUSB HDDや有線ネットワーク上のNASに保存されたファイルの再生が可能です。また本機に搭載されたUSB端子(フロント・リアに各1)からUSBフラッシュメモリに保存されたMP3/WMAなどの音源やFLAC/WAV/DSDなどのハイレゾ音源も再生可能です。
※FLAC/ALAC/WAVで同一サンプリングレートの場合にギャップレス再生に対応します。
 *再生環境や音源(ファイル)によってはギャップレス再生ができない場合があります。
※USBポートはDSD 11.2MHz、WAV・FLAC192kHz/24bitまでのファイル再生ができます。
※再生可能な音楽フォーマットについては、当社ホームページをご参照ください。


スマートフォンを使って多彩な音楽を楽しめる「Chromecast」
インターネットラジオに対応
お手持ちのスマートフォンやPCにインストールした対応の音楽アプリから簡単 操作で手軽に音楽を楽しめる「Chromecast」とともに、インターネットラジオ「radiko.jp」や世界中のラジオを楽しむことができる「TuneIn」に対応。リスニングスタイルに合わせて、お好みの放送局を選ぶことで、さまざまな楽曲を手軽に楽しめます。
※ファームウェアのアップデート対応となります。。

次世代ネットワークオーディオFlareConnect™搭載
対応の音楽配信サービスや接続している外部機器※などの音声を、同一ネットワークに接続したFlareConnect対応機器でストリーミング再生することが可能です。本機に接続したレコードプレーヤーやCDプレーヤーの音声を、別室に設置したFlareConnect対応機器で再生します。また、対応機器に接続した機器の音声を本機で再生することもできます。「Onkyo Controller」アプリを利用すれば、音楽の選択や対応機器のグループ化などの再生管理を直感的に行えます。

※対応する外部入力は機種によって異なります。詳細についてはこちらでご確認ください。
※FlareConnectの機能紹介ビデオ・説明サイトはこちら

USB接続の外付けハードディスク(HDD)対応で簡単ハイレゾリューション再生

リアのUSB TypeA端子が大容量の外付けハードディスク(HDD)の接続に 対応しているので、USBケーブル1本で接続するだけでHDD内 のハイレゾリューションファイルから圧縮音源まで多彩な音楽ファイルの再生ができます。
※FATフォーマットされたハードディスク(HDD)に対応。 楽曲情報(アーティスト名、アルバム名) の本体表示が可能。詳しくは、当社ホームページをご覧ください。


スマートフォンなどから手軽に操作できる新コントロールアプリ
「Onkyo Controller」に対応

ユーザーインターフェースとしての機能を向上させ、使い勝手が良くなった 新コントロールアプリ「Onkyo Controller」に対応しており、外付けHDDやNAS、スマートフォンなどに保存しているお好みの楽曲を手軽に楽しめます。
※専用アプリ「Onkyo Controller」およびファームウェアは最新の状態にしてください。



SITEMAP