WAVIO TOPへ  PCI DIGITAL AUDIO BOARD SE-200PCI
 TOP 特長 回路構成 プレミアムサウンド 仕様
 SE-200PCI の徹底強化したデジタル回路部
驚異的に進化したオンキヨー独自の特許技術「VLSC(R)」回路搭載
ハイレベルな再生品質を実現
 VL ロゴ
「VLSC(R)」回路は、D/A変換時に発生するパルス性のデジタルノイズを飛躍的に低減する画期的な回路です。従来のローパスフィルターでは実現できなかったパルス性のノイズを大幅に低減した滑らかな音楽信号の生成を実現することで、圧縮音源を含むデジタル音源の再生品質を飛躍的に向上させています。「SE-200PCI」においては、回路全体を左右独立かつ完全シンメトリー配置。専用独立電源、高性能出力カップリングコンデンサーを搭載しアナログ再生品質を高めました。
高品位サウンドを実現する
高性能DAC&コンデンサーを採用
デジタル回路の品質を決定するDACには、高級オーディオ機器用に開発されたイギリスWolfson社の「WM8740」を採用し、差動出力方式としました。さらに、デジタル電源部には、高周波特性に優れた高性能コンデンサー「OS-CON」を採用しています。また、通常使用される±50PPMの約5倍の精度を誇る超高精度(±10PPM)の水晶発振子を搭載したクロック回路を搭載し、より精度の高い高品質なD/A変換を可能としました。
「差動出力方式」によるさらなるグランド電位の安定
従来の「シングルエンド出力方式」では、電源グランドとDACからの信号グランドが同じグランドラインを共用しているため、電源グランドからのノイズが信号に影響します。一方、「差動出力方式」では、電源グランドとDACからの信号グランドが分離されているため、電源グランドからのノイズの影響を受けません。
図:差動出力方式(SE-200PCI)  図:シングルエンド出力方式
 
専用開発された「AUDIOコンデンサー」を回路全体に搭載
新開発のオーディオ信号処理用AUDIOコンデンサーを回路全般にわたり、惜しみなく搭載。
高性能オーディオコンデンサーで不要なノイズをシャットアウト。
 このページのトップへ
 Copyright(C) 2008 ONKYO CORPORATION Japan. All Rights Reserved. SE-200PCI LTDスペシャルページ