HTX-25HDX
2.1chホームシアターパッケージ
3D映像&ブルーレイサラウンド対応。
ルックスにもこだわったアンプ内蔵サブウーファーモデル
HTX-25HDXは、小型ながらも迫力のある音と最大5.1chまで発展できる仕様で支持されてきた、HTX-22HDXの後継機種として発表致します。HTX-25HDXでは、サラウンドアンプ内蔵サブウーファーと2つのフロントスピーカーというシンプルな構成はそのままに、スピーカーをブラッシュアップしました。 シングルから2wayへとレベルアップしたフロントスピーカーは、高級単品スピーカーで開発された「A-OMFモノコック」振動板採用のウーファーでクリアかつ量感のある中低音再生を追求。さらに、超高音の再生を可能にするバランスドーム型振動板採用のツィーターで、高音のヴォーカルも細やかに表現します。また、TVから取得する番組のジャンル情報に応じて、本機のリスニングモードが自動で切り換わるHDMIのリンク機能を新たに搭載し、より再生内容に合ったサウンドを手軽に楽しめるようになっています。発展性や使いやすさを含めたロングライフ仕様をベースに、さらに豊かなサウンド再生力と機能が加わって、魅力を増したモデルへと進化しました。
 
オープン価格 2011/8/13発売
※この製品は現在出荷を完了しています。表記内容全般は発売時点のものです。
ケース内コンポーネント思想を踏襲してノイズ対策を徹底した5.1chサラウンドアンプ内蔵サブウーファー部|銅バスプレートを採用したグランド電位の安定化技術、フロントチャンネルに特許技術回路「VLSC」など培われた音質技術を投入|大口径16cm振動板ウーファー&サイドスリットダクトを投入したサブウーファー。豊かで明瞭な1クラス上の超低音を再現|ラウンドフォルムを採用、音のディテールを緻密に再現する2Way型フロントスピーカー|バーチャルサラウンド機能「Theater-Dimensional」|主要メーカーのハイビジョンTVとシステム連動を可能にする「RI HD」|ブルーレイディスク「HDサラウンド」に対応|地上・BSデジタル放送に対応するAACデコーダーなど従来のサラウンド規格にもフル対応|小音量時でも豊かなサウンドを再生する「オプティマムゲイン・ボリューム」│入力系統ごとに音量レベルを設定し、機器間での音量差を解消する「インテリボリューム」│音声と映像のズレを補正するAVシンク機能│MP3など圧縮された音楽ファイルをより高品位な音質で楽しめる「ミュージックオプティマイザー」│夜間などで音量を絞っても小さな音を聴きやすくするレイトナイト機能(ドルビーデジタル再生時のみ)│より豊かな低音再生を可能にする「EX.BASS」回路│スリープタイマー機能│多彩な用途に対応する5.1chオリジナルサラウンドモード
付属品 / リモコン(RC-678S)、光デジタルケーブル(1.5m)、スピーカーケーブル(3.5m)×2、
スペーサー×12