D-108 Series
シアタースピーカーシステム
本格的なサラウンド再生が身近になる
スタイリッシュシリーズ
上級機の技術仕様をスマートなプロポーションに凝縮したのがD-108シリーズです。特にD-108Eにおいては小口径8cmウーファーでも量感を損なわないようダブルウーファー構成にし、金メッキ真鍮削り出し素材によるネジ式のケーブル接続ターミナルを装備するなど、徹底したこだわりを施しています。リアルウッド突き板仕上げと高光沢ピアノフィニッシュの2タイプをラインナップ。推奨サブウーファーSL-A250との組み合わせで、本格的なサラウンド再生が身近になります。
D-108E 2ウェイ・スピーカーシステム
D-108C センタースピーカーシステム
D-108M サラウンドスピーカーシステム
SL-A250(D/B)
アンプ内蔵サブウーファー
SL-D500と共通設計
アナログアンプを採用したサブウーファー
サブウーファーSL-A250はウーファーユニットに、SL-D500と同じ大口径20cmA-OMFモノコック振動板を採用。SL-D500に比べてひとまわ り小さなキャビネットにアナログアンプを搭載して、バスレフ技術「AERO ACOUSTIC DRIVE」などその他の仕様を共通化しました。SL-D1000/500と同様に、優れたHICC(瞬時電流供給能力)の獲得と大型の磁気回路を搭載して急激な再生音の変化に余裕で対応するハイレベルなサブウーファーを実現しています。リアルウッド突き板仕上げとマットブラックの2タイプをラインナップしました。
 
D-108E(D/B) \45,150/2台1組(税別\43,000) 2008/9/11発売
D-108C(D/B) \12,600/1台(税別\12,000) 2008/5/16(D)・22(B)発売
D-108M(D/B) \9,450/1台(税別\9,000) 2008/5/16(D)・22(B)発売
SL-A250(D/B) \31,500/1台(税別\30,000) 2006/9/21(D)・2008/9/19(B)発売
※D-108シリーズおよびSL-A250は現在出荷を完了しています。表記内容全般は発売時点のものです。
D-108 Series:8cm A-OMFモノコックウーファー│超高域まで乱れのない伸びやかな再生を実現する2cmバランスドームツィーター│「AERO ACOUSTIC DRIVE」(D-108E)│キャビネットとベース部間に適度な弾性を持たせて不要な振動を吸収。独創的なキャビネット支持構造を採用(D-108E)

付属品/108E:スピーカーケーブル3.5m×2、コルクスペーサー×8 108C:スピーカーケーブル(3.5m×1)、コルクスペーサー×4、壁掛け金具×2  108M:スピーカーケーブル(8.0m×1)、コルクスペーサー×4、壁掛け金具×1 
SL-A250:接続用ピンケーブル(3m)、コルクスペーサー×4