■PCリサイクル

PCリサイクルマーク 2003年10月1日に改正施行された「資源有効利用促進法」に基づき、不要になったオンキヨー株式会社、オンキヨーデジタルソリューションズ株式会社、MOLジャパン株式会社、および、株式会社ソーテック(以下、当該会社と記載する)が製造販売した パソコンの回収・再資源化に取り組みます。
お客様が当該会社の製造販売したパソコンを廃棄される際には、専用窓口にて受付をいたします。

オンキヨーは今後も、地球環境問題に積極的に取組み「資源循環型経済社会」の発展に貢献して参ります。

[ご注意] パソコンの廃棄・譲渡時のハードディスク上のデータ消去に関するご注意

【お知らせ】 2014年4月1日 消費税に伴うお知らせ
[お知らせ] WinBook WV700シリーズ、WinBook WV800シリーズ、AFiNA WV760-A2はバッテリーパックの自主回収を実施しております。
リサイクルお申込み前に「WinBook WV700シリーズ、WinBook WV800シリーズ、AFiNA WV760-A2「G1L1」バッテリーパックに関する重要なお知らせ」をご確認ください。
対象バッテリー(G1L1)が搭載されている場合は、上記お知らせ内掲載窓口までお問い合わせください。


家庭用パソコンの回収の仕組みとお申込方法はこちら
事業系パソコンの回収・再資源化についてはこちら
[お知らせ]
2009年4月1日(水)から事業系PCリサイクルの受付方法が変わりました。




■Android搭載タブレットの廃棄について

ノート型パーソナルコンピュータのバッテリパック(小形二次電池)リサイクル Android搭載タブレットは、回収・リサイクルの対象外です。ご家庭から排出する場合は一般廃棄物扱いとなりますので、各地方自治体の廃棄処理に関する条例または規則に従いご対応ください。
※PCリサイクルマークの添付のある製品についてはリサイクル対象となります。




■ノート型パーソナルコンピュータのバッテリパック(小形二次電池)リサイクル

ノート型パーソナルコンピュータのバッテリパック(小形二次電池)リサイクル 当該会社が販売いたしましたノート型パーソナルコンピュータのバッテリパックは、「小形二次電池」として分類されます。小形二次電池とは、繰り返し充放電が可能な蓄電池(ニカド電池、ニッケル水素電池、リチウムイオン電池、小形シール鉛蓄電池)のことです。
この二次電池は、長期間使用するなかで充放電を繰り返すことにより寿命に達することになります。寿命に達した場合は、新しい二次電池とお取替えをしていただく必要があります。その際、使用済みになった二次電池(単体での回収)は、規定のリサイクルフローに従い適正にリサイクル(再資源化)させていただくことになります。

ノート型パーソナルコンピュータのバッテリパック(小形二次電池)リサイクル


■バッテリパック(小形二次電池)回収・再資源化実績