ハードディスクに関するご注意

パソコンのハードディスクに記録されたデータは、そのデータを削除したり、ハードディスクを再フォーマットしても、データが消えたように見えるだけで、特殊なソフトウェアを使えば読み取ることができます。前利用者のデータを再利用される可能性があり、結果的に、データが流出してしまうこととなります。パソコンの廃棄あるいは譲渡時にはデータの完全消去を行う業者に依頼(有償)するか、もしくは、市販のソフトウェア(有償)を利用し消去するようにしてください。
また、ハードディスク上のソフトウェアを削除することなくパソコンを譲渡されると、ソフトウェアライセンス使用許諾契約に抵触する場合があります。

■関連リンク
データ消去について(一般社団法人パソコン3R推進協会)