2016/11/10
 
音楽ストリーミングサービス「Spotify(スポティファイ)」に対応
〜パイオニアブランド製品・無償アップデートを開始〜
オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパン株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:池田 達史)は、対象となるパイオニアブランドの製品において、本日よりSpotify Connectに対応するためのファームウェアの無償アップデートを順次実施します。
【対象となる製品のモデル例。左「XC-HM86(S)」、右「SC-LX901(B)」】
対象モデル
ネットワークCDレシーバー : 「XC-HM86(S)」、「NC-50(S)」
ネットワークCDレシーバーシステム : 「X-HM76(S)」
バースピーカーシステム : 「FS-EB70(B)」
AVレシーバー : 「SC-LX901(B)」、「SC-LX801(B)」、「SC-LX701(B)」、「SC-LX501(B)」、「VSX-831(B)」、「VSX-S520(S)」
ネットワークステレオレシーバー : 「SX-S30(S)」
ネットワークオーディオプレーヤー : 「N-70A」、「N-50A」、「N-30AE(S)」
ファームウェアのリリース日程
下記日程でアップデートしたファームウェアをリリース致します。
・ネットワークCDレシーバー/システム、バースピーカーシステム、AVレシーバー、ネットワークステレオレシーバー :2016年11月10日(木)
・ネットワークオーディオプレーヤー「N-30AE(S)」 : 2016年11月10日(木)
・ネットワークオーディオプレーヤー「N-70A」、「N-50A」 : 2017年2月下旬
※アップデートの内容や方法について、下記Webサイトでお知らせします。
Spotify(スポティファイ)について
Spotify(本社:スウェーデン ストックホルム、CEO:ダニエル エク)は数々の受賞歴を誇るデジタル音楽サービス企業で、4,000万曲以上の楽曲をオンデマンドでご利用いただけるサービスを提供しています。Spotifyの目標は、いつでもどこでも誰にでも、世界中の音楽をスピーディにお届けすることです。Spotifyでは、かつてないほど簡単に音楽を発見し、管理し、共有することができるサービスを展開するとともに、アーティストが公正な報酬を得られるよう努めています。Spotifyのアクティブユーザー数は全世界で1億人以上、有料のプレミアムプランのユーザー数は4,000万人以上となります。またSpotifyがサービスを展開するのは日本で60カ国目です。2008年にスウェーデンでサービスを開始以来、Spotifyは50億ドル以上の収益を権利保有者にもたらしてきました。Spotify は、音楽レーベルにとって音楽ストリーミングサービスとしては世界最大の収益源になっています。
SpotifyとそのシンボルはSpotify社の登録商標です。