コーポレートガバナンスに関する基本的な考え方
当社およびオンキヨーグループを構成するすべての企業は、株主をはじめ地域社会を含むすべての利害関係者と社会や環境に有用な企業であり続け、企業価値の向上を図ることを最も重要な課題のひとつと捉えています。その ために法令や規制を遵守し、執行役員制度の導入、社外取締役の選任、社外監査役の選任、内部監査室の整備等を 通じてコーポレート・ガバナンスの充実、強化に努めております。
コーポレートガバナンス体制
当社は、監査役設置会社であり、監査役3名のうち2名社外監査役となっており、経営の監視機能の充実を図っております。全社レベルの重要な決議事項については、取締役会の決定に資するよう、取締役会の事前に経営会議にて充分な議論と審議を行い、その上で取締役会の審議と決議を行う体制を採用しております。

また、当社においては、独立性を保持し、財務会計等の専門知識等を有する社外監査役を含む監査役(監査役 会)が、会計監査人・内部監査室との積極的な連携を通じて行う「監査」により、ガバナンスの有効性を図って おります。上記体制は、当社の内部統制システムに関する基本的な考え方を実現・確保するための実効性があ り、適正で効率的な企業経営を行えるものと判断し、当社は当該ガバナンス体制を採用しております。