社会貢献
ラクラクキット、「らくらく館」のサポート
オンキヨーでは、すべての人に美しい音を思いやりとともに伝えたいという願いから、1994年以来、目の不自由な方にもオーディオを簡単に楽しんでいただける「ラクラクキット=点字や音声情報による使用説明書」の無償提供サービスを続けています。(1994年8月、社会貢献賞受賞)また、ホームページの音声読み上げソフトをご使用の方や弱視の方がご利用しやすいオンキヨーバリアフリーサイト「らくらく館」は、オンキヨーが自信を持ってお奨めするコンポなどを、目の不自由な方にやさしく使っていただけるよう、ラクラクキットのご案内ならびにサポートを行っており、さらには、関係者の皆様の協力による「オペラ点訳コーナー」なども提供しています。
点字プリンターの開発と提供
目のご不自由な方と晴眼者の交流をテーマとした研究活動に取組み、昭和57年には点字と活字の同時印刷を可能にした(特許)"点字プリンター第1号機"を開発。現在、グループ企業のオンキヨーディベロップメント&マニュファクチャリング株式会社にて販売いたしております。
点字作文コンクールの開催
オンキヨーは毎日新聞社とともに、点字と音の融合による視覚障害者文化の創造をめざして2003年より毎年1回「オンキヨー点字作文コンクール」(2011年より「オンキヨー世界点字作文コンクール」と名称変更)を開催しています。人との触れあいを、より身近に感じておられる視覚障害者の世界に、点字と音声で大きな懸け橋をつくり、そこで、国内、海外の視覚障害者の思いや生き方に共感してくださる皆様と共に、温かいハーモニーで社会を包み込んでいければと願っています。点字作文コンクールは、国内部門のほか、アジア・太平洋地域、西アジア・中央アジア・中東地域、ヨーロッパ地域で募集を行っており、これからも異文化コミュニケーションの輪を広げてまいります。