理想の音響システム、オブジェクトオーディオ

従来の5.1chのような「チャンネルベース」方式では、音が視聴者の周囲を平面的に移動するため、アクションシーンの銃弾みたいな直線的な動きであればそれらしく聞こえていましたが、CGが前提でどんなに複雑な動きも可能になった今、音の動きが平面的だと映像と比べて不自然さを感じる点が大きな課題でした。それがついに最新鋭の演算装置の処理速度向上によって、空間上で音を自由に動かすことができるようになりました。映画の制作段階で空間上に自由に配置した音を、再生時に再現できます。制作者が表現したかった世界観を忠実に具現化する「オブジェクト(ベース)オーディオ」。これこそが、まさに理想の立体音響システムなのです。

空間上を自由に移動することによる立体感
スピーカーの存在を感じさせない自然な空間形成
  高さ方向への空間の広がり
頭上から降り注ぐ音

 
オブジェクトオーディオに必要な機器

ご家庭でオブジェクトオーディオをお楽しみいただく為には以下のような機器が必要です。
既に5.1chなどでホームシアターをお楽しみの方も、Dolby AtmosやDTS:X対応の最新モデルのAVアンプのほかに、主に高さ方向の音を再現するトップスピーカーかイネーブルドスピーカーが必要です。トップスピーカーは天井にスピーカーの設置工事が必用です。このような設置工事をやりたくない方におすすめなのが次にイラストでご紹介するイネーブルドスピーカーです。


 
手軽に始められる、イネーブルドスピーカーのすすめ
‘天井にスピーカーを設置するのが面倒’という方におすすめしたいのが、イネーブルドスピーカーです。フロントスピーカー・リアスピーカーの上に載せるだけで天井設置のトップスピーカーと同様の効果を発揮します。


 
イネーブルドスピーカーへの素朴な疑問にお答えします!
Q ドルビーアトモスやDTS:Xを楽しむために何が必要ですか?
A ドルビーアトモス、DTS:Xに対応したAVアンプとブルーレイレコーダーもしくはプレーヤーに、対応ブルーレイソフト、2.1ch〜7.1ch分のスピーカーシステムにトップスピーカー(天井スピーカー)もしくはハイトスピーカー(フロントスピーカーよりも高い場所に設置したスピーカー)が必用ですが、手軽に楽しむにはイネーブルドスピーカーをおすすめします。

Q イネーブルドスピーカーはトップスピーカー(天井設置)に比べて効果が薄いのでは?
A 5.1chや7.1chでは2次元の音の移動感しか楽しむことができません。オブジェクトオーディオでは3次元空間に音を定位させることで垂直方向の移動感を再現します。そのため高さ方向に音を出す為のスピーカーが必用となります。イネーブルドスピーカーはご家庭の天井(天井高2.5〜3m程度)の反射を利用して高さ方向の音を付加することで3次元音場を作り出します。既に5.1ch等の環境でお楽しみの場合、イネーブルドスピーカーをアドオンするだけで大きな効果が期待できます。

Q イネーブルドスピーカーは設置や調整が難しいのでは?
A オンキヨーのドルビーアトモス・DTS:Xに対応しているAVアンプの場合、自動音場設定機能‘AccuEQ Room Calibration’が付いており、これらがイネーブルドスピーカーの設定に対応しているため、スピーカーセッティングに関する専門知識が無くても簡単に調整することができます。

Q イネーブルドスピーカーはどこにいくつ設置したらよいですか?
A アンプのチャンネル数によって使える本数が変わります。オブジェクトオーディオ対応の7chアンプならばフロントスピーカーの上に設置して下さい。9chアンプならフロントスピーカーとリアスピーカーの上に設置することをおすすめします。

 
こちらの製品がおすすめ
ドルビーアトモス・DTS:Xはもちろん、話題のハイレゾにも対応しているAVアンプや、オブジェクトオーディオを手軽に実現できるイネーブルドスピーカーなど、最適なラインナップが揃っています。










SITEMAP