AWRAT(Advanced Wide Range Amplier Technology)
M-5000Rに採用されているAWRATは、パワーアンプに対するオンキヨーの先進的な設計思想です。
DIDRCに加えて、次の技術から成り立っています。
低NFB回路設計
負帰還(NFB)はアンプの特性を改善する手段として大変有効ですが、音楽のアタック音など瞬間的に変化する信号や、高い周波数においてはNFBでは改善できない領域があり、これらの条件ではアンプの裸特性がそのまま現れるのです。
高周波まで裸特性の良いDIDRC技術と裸特性の良い回路設計によって、最小限のNFBで音楽の表現力を損なわないサウンドが
得られるのです。
グランド電位を安定させる閉ループ回路
セパレートコンポの音が良い理由の1つに、それぞれが独立していることでお互いの干渉を受けにくいというメリットがあります。
回路でも同様にそれぞれの回路ごとにコンポーネント化を図り、電気的に閉じたループで設計することにより干渉を防いでいます。
瞬時電流供給能力(HICC)
スピーカーシステムは一定の負荷ではなく、音楽信号など周波数によってインピーダンスが常時変化する性質であるため、瞬間的には
ショートに近い状態となることがあります。
M-5000Rでは瞬間的に150Aもの電流を供給することができ、たとえショートに近い状態であっても、電流を制限することなく、スピーカーを
確実にドライブしきることが出来るのです。
左右対称ツインモノラル構造
M-5000Rでは、基板をL/Rチャンネルごとに左右対称に配置。各チャンネルは電気的/構造的に等しくなり、信号経路の最適化も図られるため、両チャンネル間での差異を最小限に抑えます。
クアッドプッシュプル構成 3段インバーテッドダーリントン回路
スペック向上には貢献するものの実働時の音質阻害の要因になると言われているNFB(Negative Feed Back)を最小限に抑えて、電圧の超安定化を図る3段インバーテッドダーリントン回路。
過渡応答特性の大幅な改善が実現するこの回路を、M-5000Rの増幅段に搭載しています。
一般的には発振しやすく実装が難しい回路ですが、オンキヨー独自のノウハウを駆使することで搭載を可能にしました。
また各チャンネルに対して、4個並列接続による合計8個の大型パワートランジスターを使用したクアッドプッシュプル構成とすることで、スピーカードライブ能力をさらに向上させています。
BTL接続にも対応
M-5000R は、RCA 端子から入力する通常のステレオ動作だけでなく、XLR 端子から入力し1台のM-5000Rを大出力のモノラルアンプとして動作させるBTL 接続にも対応。組み合わせるスピーカーシステムの魅力を存分に発揮させることができるよう、セパレートアンプならではのクオリティと組み合わせの自由度を備えています。
厳選されたパーツ群
クリーンな接続を可能にする真鍮削り出し金メッキ端子は、高品質な極太ケーブルの接続も容易になるよう充分なピッチを確保。なお、より強力な電源回路が必要となるパワーアンプM-5000R には、トロイダルトランス2 基とEI トランス1 基に加えて、27,000μFの大容量コンデンサーを4基搭載。伝導性に優れた肉厚の銅バスプレートとともに、ロスのない電力供給に貢献しています。

27,000 μFコンデンサ−4基と銅バスプレート