A-5VL TECHNOLOGY
デジタルアンプの利点を最大限に引き出す
「VL Digital」技術
スピーカーを意のままにドライブするというアンプ本来の目的を追求する。その目的において有利な手法といえるのが、高い電力効率を誇るデジタルアンプです。デジタルアンプでは、終段のトランジスターをスイッチのオン-オフに置き換えて動作させ、途中に抵抗要素を通らないため、絶大なスピーカードライブ力を得ることができます。オンキヨー独自のデジタルアンプ技術「VL Digital」は、音色の変化の原因とされる可聴帯域外ノイズを最小限に抑え、音質面でも有利とされている「PWM(Pulse Width Modulation=パルス幅変調)」方式を基幹としています。PWM方式はアナログ信号の波形レベルの増減をパルス幅の長短に置き換えてA/D変換する方式ですが、デジタル回路特有のパルス性ノイズが音楽信号に混入すると正確なパルス幅に変換できません。「VL Digital」では、このノイズが正負対称な波形であることに着目し、その波形を線ではなく面積的にとらえて相殺する「ベクトル発生器」と「積分器」、「反転トリガー発生器」による積分型変調回路により、このノイズに起因するエラーを抑え、より正確なパルス幅変調を実現しています。
強力なスピーカードライブ能力を実現
アンプから見たスピーカーのインピーダンスは、信号周波数や波形によって大きく変化します。定格インピーダンス2Ωのスピーカーを確実にドライブできる能力を備えているということは、4Ωや6Ωのスピーカーに対しても、優れたドライブ能力を有することになります。A-5VLでは、メインアンプ部は立体的なレイアウトとして電源部からスピーカーターミナルまでを最短化するとともに、出力段はオン抵抗の低いパワーMOSFETをプッシュプルで動作させ、スピーカー駆動ラインの徹底した低インピーダンス化を図っています。さらに、大電流が流れてもグランド電位が変動しない安定したグランドラインを実現するため、アースポイントの要となる電源部の電解コンデンサー接続部に1ミリ厚の銅バスプレートを用いるなど、常に変動する音楽信号とスピーカーとの相互作用により発生する過渡的な超低インピーダンス状態にもびくともしない、きわめて強靭なスピーカードライブ能力を実現しています。
L/R独立ツインモノラル構造
電源トランスから整流回路、平滑用電解コンデンサー・回路パターンまで、パワーアンプブロックはすべてL/R独立構造かつシンメトリー配置とし、チャンネル間の信号パスを揃えるとともにセパレーション悪化を徹底的に排除。従来L/R独立の障害となりやすかった制御回路においても、チャンネル別の保護回路とフォトカプラを用いた絶縁により、チャンネル間の電流を遮断しています。また、回路電流のクローズドループ化により、L/R間だけでなく各機能ブロック間の信号干渉も排除しています。
メインアンプへの電流供給を最優先に考えたL/R独立のツイントランス構成
電源トランスは、限られたスペースに可能な限り太い巻線を使用できることを第一に考え、通常は複数の2次巻線で構成されるのに対し、2次巻線を1系統に集約することで、大電流を取り出しやすい設計となっています。 プリアンプ部への電源供給は新開発の高効率回路を採用し、メインアンプ部の電源変動の影響を受けにくく非常に安定な電流供給を可能としています。さらに、マイコン制御回路用には専用トランスを用いた、計3トランスの構成となっています。
機器内部から発する振動波の複雑化も回避する
1.6mmフラットシャーシ
音質に悪影響を及ぼす高調波振動を抑制するため、凹凸のないフラットシャーシを採用。厚さ1.6mmの鋼板を使用し、きわめて高い剛性を確保しています。さらに、立体構造のメインアンプ部ヒートシンクをシャーシにリジッドに固定し、基板固定強度を向上させることで、トータルでのさらなる剛性アップも図っています。
シンプルな信号ライン
信号ラインのシンプル&ストレート化を実現するため、ボリューム回路は、実使用領域のSN比を大幅に改善できるオプティマムゲイン・ボリュームを採用。入力端子の直近に配置した電子ボリュームにより、L/Rバランスやトーンコントロールも一元制御し、そこからメインアンプ部に最短で直結。信号ラインがフロント側を経由しない合理的な配置により、情報量の欠落やノイズの混入を防いでいます。また、電子式ボリューム回路を採用しながら、アナログ感覚の操作感を受け継いでいます。
随所にカスタム電解コンデンサーを採用
電源部の平滑用ブロックコンデンサは、幾度となくヒアリングを繰り返し、A-5VL専用に開発したカスタム品を採用。その他、小信号回路の電解コンデンサーも、スペシャルチューンド品やオーディオ専用品を贅沢に使用しています。
高性能フォノイコライザー回路搭載
MM/MCカートリッジに対応する、このクラスでは稀なディスクリート構成のフォノイコライザー回路を搭載しました。過渡特性の優れたCR型と、ダイナミックレンジの優れたNF型の長所をかけ合わせ、周波数によって負帰還量が変化しない独自の定NF型回路を採用。その過渡応答の良さからアナログレコード特有のスクラッチノイズも耳につきにくいという、アナログファンにも嬉しい特長も備えています。
デジタル入力装備
使いこなしの幅が広がるデジタル入力を装備。DACチップは定評あるバーブラウン PCM1796をL/R独立で2基搭載。チャンネル毎にDACを並列差動使用し、専用にチューニングされたVLSC回路を奢る贅沢な設計です。
※デジタル音声入力は96kHz/24bitまでのPCM信号に対応
高精度金メッキ削り出し入出力端子
入出力端子は高精度金メッキ削り出しタイプを採用。端子間ピッチも広く取ることで、コレットチャック式コネクターのピンケーブルを接続する場合でも干渉を防いでいます。
電源ケーブル交換も可能なインレット式を採用
電源入力はIECタイプのインレットを装備。電源ケーブルを交換することができ、チューニングの楽しみも広がります。 (安全のためPSEマークが表示された電源ケーブルをご使用ください)