オンキヨーがこだわり抜いたのは
ノイズを抑えて“良い音”を届けること

G3

  • ハードウェア技術部
    開発技術グループ

    浅原 宏之

  • ハードウェア技術部
    開発技術グループ 技術1課

    岸本 篤典

  • ハードウェア技術部
    第2設計グループ 設計1課

    岡野 修治

オンキヨー初のスマートスピーカー「G3」
求めたのは
「大きなスピーカーで
聴くような、豊かな低音」

長年、音楽システムを開発してきたオンキヨーが、スマートスピーカーを開発するにあたって大切にしたのは、小型でも「豊かな低音」を実現すること。その開発に欠かせなかったのは、オンキヨー70年の歴史の中で培った筐体設計や音響技術でした。

VC-GX30
音楽を自由に楽しんだり、スマート家電との連携も可能にするGoogleアシスタントを搭載したスマートスピーカー「G3」。綿密に調整された筐体設計と独自のオーディオ技術を融合させ臨場感あふれるサウンドを実現している。

01

ストレスのない音声認識を可能にした
見えない部分へのこだわり

マイクの音声認識に関する技術開発の経緯を教えてください。

岡野:「G3」はスマートスピーカーですので、「OK Google!」と話しかけると音声アシスタントが反応する仕組みになっています。これは設計初期段階での話になりますが、大きな音量で音楽を再生している時に「OK Google!」と話しかけても、私の声を認識してくれずもどかしい思いをすることがありました。これではスマートスピーカーの機能が十分に果たせないと思いましたので、なんとかしてこの問題を解決したいと考えたのです。

岡野:小型で大きな出力のあるスピーカーですから、設計当初から振動が大きいことがわかっていました。まず考えたのは、振動が発生するスピーカーから、できるだけ音声認識をするマイク部分を離すこと、そして音が回り込みにくい構造にすることです。さらに外からは見えない部分ですが、筐体内部からマイクに直接振動が伝わらないよう、分厚い仕切り板を入れています。
もう1つ大きな技術として、マイク基板の取り付け構造(特許出願中:平成30年4月16日現在)があります。「G3」のマイクは天面に設置されています。このマイク基板を天面ラバー部に直接固定して、他の筐体と接触しないフローティング構造を採用しており、これによって振動によるノイズを軽減。音楽を再生している際、小さな声で話しても音声認識ができるようになりました。

岸本:マイク感度をアップさせるために電気回路の部分でも工夫しています。スマートスピーカーには、音声認識の際に自分が出した音についてはキャンセルする、エコーキャンセル機能というものが付いています。この機能は、音楽再生中でもユーザーの呼びかけに反応できるようにするためのものですが、音がノイズなどで歪んでいると上手くキャンセルされず音声認識に支障が出てしまいます。ですから、スピーカーの周波数特性を分析したうえで低域をコントロールし、振幅を抑えてノイズを軽減させています。

02

技術を結集させて実現した、
聴き取りやすい音の仕組み

Googleアシスタントの音声を聴きやすくすることにも注力されたと聞いています。

岸本:先ほど岡野が話していたのは、ユーザーの声を認識する技術でしたが、逆にアシスタントの音声をユーザーが聴きやすくすることにもこだわりました。ナレーションの声は人工音声のように少し聴き取りにくいと感じる方も多いと思いますが、声の帯域に関してもチューニングをしっかりと行って聴き取りやすいように調整しています。

浅原:「G3」には豊かな低音を実現するためのスピーカーユニットだけではなく、クリアな高音が出るユニットも備えています。もともと、ボーカルの帯域もしっかりと出るようにしたいと考えていましたので、アシスタントの音声も明瞭に表現することができました。
スマートスピーカーは360度、どの角度からも広い範囲で聴くことができるもの、という考え方が広がっているかもしれません。しかし、オンキヨーが考えるスマートスピーカーは、声や音楽を“良い音で届ける”ということを意識しています。
スピーカーの音質を調整する際は、通常スピーカーと対面するかたちで行うものですが、何か作業をしながら音楽を聴くことを想定して様々なスタイルで音質を調整しました。ソファからダイニングに移動する時、キッチンからリビングへ移動する時など、動きながら声や音楽が素直に届けられることを意識して開発を行いました。

岡野:オンキヨーにとってスマートスピーカーの開発は初めてのことでした。しかし、音声認識を向上させる機構設計も、声や音を素直に届けるための音質設計も、今までオンキヨーで培ってきた技術があったからこそ実現できたものです。今までヘッドフォンで音楽を聴いていた若い世代にも、音にこだわってこられた年配の方にも、“良い音を届ける”ということにこだわったスマートスピーカーで、毎日、良い音を体感してもらいたいと思います。

  • ハードウェア技術部 開発技術グループ

    浅原 宏之

    2001年入社。アンプ、プレーヤー、ポータブルプレーヤー、ヘッドフォンなどの電気設計者としてキャリアを重ね、音質業務に移行。現在は、オンキヨーブランドの音質責任者。

  • ハードウェア技術部 第2設計グループ 設計1課

    岡野 修治

    1999年入社。アンプ、スピーカー、プレーヤー、チューナーなどの筐体設計、機構を担当。高級商品からリーズナブルなものまで幅広い商品の筐体設計に携わっている。

  • ハードウェア技術部 開発技術グループ 技術1課

    岸本 篤典

    2008年入社。ミニコンポ、AVレシーバー、パワードスピーカ等オーディオ機器の電気回路設計を幅広く担当している。

Onkyo is thinking about a new relationship with the world via AI.
Expanding the world of people’s relationship with sound.
The future is more fun.